2010.03.29


ファイングレインは、少し狙いすぎましたかw

中京9Rの上位馬ののコース取りから、
キンシャサのすぐ後ろでじっとして
直線3~4分どころを抜けてこられれば、というイメージでいました。
そこを通ったのはキンシャサでしたね。


ラップの構成は去年とほぼ変わらず。
ラスト1ハロンは12.3と去年の12.0よりかかっていますが
3~4コーナーでかなり砂が舞っていましたので
数字よりも若干厳しかったでしょうか。

…そう考えるとローレルゲレイロは頑張っていたんだなー。


キンシャサノキセキは、昨年より1つ内の9番。
4コーナーの位置取りはほぼ同じ感じ。
昨年と違うのは、3コーナーまで手綱を抑えていたことでしょうか。
ラスト1ハロンの我慢比べをしのぎぎった要因と思います。

ゴール前は見ごたえありましたね。
セイクリッドキングダムがでていたら、
どんなパフォーマンスだったかな。



ビービーガルダン。
外枠と体調。うまく噛み合えばG1ホースだったんでしょうけどね。
不運?運も実力のうちとはいいますが、惜しい敗戦でした。


アルティマトゥーレ。
スタートで躓かなければ勝っていたと思います。
あそこからコンマ1秒までもってこれたのは地力。
いい仕上がりでしたからねー。お疲れ様でした。




そして、現在の中京コース。これで見納めですかー。
1200mのレイアウトは好きだったんですけどね。
出走馬のタイプ(逃げウマが多いとか)とトラックコンディションで
予想の軸をどうずらすか、検討しがいがあったんですよねー。

そうか、フラワーパークにギリギリ間に合っていますので
スプリントG1はすべて目にしていることになります。
そう思うとちょっと感慨深いですね。


中京に坂、あるいは中京マイル戦、がまだ全然ピンと来ませんが
期待して待ちたいと思います。




今週はまだまだ書きたいトピックがあるのですが
仕事が大変でね。。。

落ち着いたタイミングで書こうと思います。



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/271-92ff0da3