2010.04.12


逃げウマがついに読みきれませんでした。

どのウマも主張しなければレディアルバローザかな、とイメージしていましたが
そうか、先手を取るアンカツかー。
オウケンサクラは買えませんでした。

でも京成杯でも同じように着に残しましたからね。

決して楽な逃げではなく、アンカツがしっかりラップを締めていたようです。
残り800mからのラップ構成で、切れ味身上のウマには出番がなくなりました。
最後のラップが1秒以上落ちているところから、
オウケンサクラにはめいっぱいの内容だったでしょうね。

上がりがほぼ全馬34秒台なのは、馬場状態に依るところでしょうか。
逃げウマの上がりが、11.1-11.1-12.2。11.1が2回とは。
そりゃ外まわしたウマに出番はないなー。
今週の阪神芝は早い。



勝ったアパパネ。
アンカツのペースだからこその勝ち方になりました。
切れ味のあるウマに最後すくわれて惜敗、というイメージでしたが
ラスト1ハロンのしのぎあいなら、このウマでしょうね。

TV観戦でしたが、パドック映像で見たトモの張りは抜群。
あれなら粘れますねー。

2冠目に向けて心配なのは折り合いでしょうか。
レース前半、11.8-11.9のあたりでかなり掛かった様子。
また惜敗のイメージをしてしまう予感があります。


ショウリュウムーン。
内枠のデメリットがしっかり出てしまいました。
仕上がりも最後の伸びもよかっただけになー。
最終的に予想の中心になったので、残念でございました。
…オークスは期待大?


コスモネモシン。
もう1頭の中心でした。全馬が似た上がりの中で
直線もがいてしまった印象です。
上がりは勝ち馬と0.1秒しか違いませんが、
その中身はずいぶん違いますね。

しっかり折り合って府中の2400mなら
巻き返し、あるかもしれません。


アプリコットフィズ。
馬体がなー。増えていて欲しかったけど厳しいよなー。
この一週間の懸念点でしたが、やっぱりという感じ。
母系が示すとおり、本格化はもう少し先でしょうかね。

トレーナーの入れ込みwはメディア通じてすごく伝わってきてますので
大事に使っていってほしいですね。




よだーん。

最近、実家にウォシュレットが導入されまして
それが「apricot」シリーズというw
これも予想を惑わす要因だったでしょうかw
ばか者がw
だいたいメーカーがバレますがなw

でもなんか迷いを加速させる要因でしたよw
失礼いたしましたー。


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/275-1621a4f7