2010.04.18


リルダヴァルは正攻法のレースでした。

1コーナーをあのポジションではいって、
4コーナーのあの手ごたえから伸び切れなかったのは
現状の力を示している、という評価でよいと思っています。

思った以上に折り合いがカギだったようですが
内々の馬場は自分の見立てより力が要ったのでしょう。
先行馬が軒並み持ちこたえきれない展開でもありましたし。
複合要因で、最後の爆発力は削がれてしまったようですね。

ただ、ジョッキーの戦略は納得。
必要な手数でエスコートしてくれたという感想です。
実力に対する信頼から来る戦略だったとも思っています。

1コーナーまでのハンソデとのポジション争いを
もう少し控えてくれれば、というタラレバが
ちょっとだけ浮かんではいますが、全然。


なお、1、2、3着はみんな押さえているので
奇麗なタテ目ですね。はい。

いやいや、期待値込みのリルダヴァル本命、は納得しています。

できれば良馬場で迎えたかったなー。
週末、雪もありましたしね。




ヴィクトワールピサ。
強かったですね。内から抜け出す脚は
弥生賞で見せたソレからパワーアップしていたと思います。

スタート直後、行き脚がつかず馬群に取り残され気味に。
自分はこの時点で馬群の外々を回っていると思っていました。
今日のアリゼオはそんな進め方でしたね。

ただ、そのためにかえって、馬群の後ろから
内ラチまできれいに斜めに進入できる間ができました。

1コーナーまでに最内、リルダヴァルの直後につけられる
ポジションを確保できたことが、最大の勝因と思います。

中団の最内というポジションは、直線で
進路がふさがれるリスクを常に孕んでいます。
G1で1番人気の鞍上はそのリスクをどう避けるか、に主眼を置くのが定石ですが
逆に積極的にそのリスクを負う戦略を、それも迷いなく取ったようでした。

リカバリーのための戦略的斜行は
パトロールフィルムで確認できます。
これぞ岩田、という判断でしたね。

ただ、結果的にですが、レースの進め方は
1番人気を受けて立つ内容ではなかったという理解です。

それを踏まえるとダービーに向けての判断は、ね、まだまだw
レース前からそんな印象でしたが
トライアル組の結果をしっかり待たなければいけないと思います。

今年の牡馬クラシックは、有力馬のローテーションが
ホントに分散しています。
だからおもしろい、とも言えますね。


レース後の鞍上の涙は、オーナーに向けたものでしょうか。
なかなかG1に手が届かなかったですからね。
ピサの勝負服で思い出すのはシャイニンルビーの桜花賞だったりします。
フジの中継でゲストだった岡部さんも感慨深げでしたね。

どんな人柄かは、最近読んだサラブレのインタビュー記事くらいでしか
知らないのですが、関係者のリアクションから伝わるところもありました。




アリゼオ。
もっと内が欲しかったでしょう。
前々のポジションを取り続けざるを得ない戦略。
この敗戦だけで見限るのは早計と思います。


ヒルノダムール。
もっと内が欲しかったでしょう。
直線詰まったあたりに外枠の影響をみてしまいますが、
最後の伸び脚は秀逸。スタミナの奥も感じさせます。

若葉Sの評価を上げられたのは予想を固める少し前。
それでも自分の見立て以上に伸びていました。
まだ、もうひとつカラダが膨らむ感じもします。
次走までの成長はいかに。


エイシンアポロン。
ここに向けてもっとも意欲的に調教の負荷を上げていたようです。
が、ピークがレース当日ではなかったでしょうか。
前走までのような見せ場はありませんでした。
個人的な心象ですが、ダービーよりNHKマイルか安田記念で見てみたい、とも。




よだーん。

阪神最終レース。
直線、前が粘るところを後ろから赤い彗星、
もとい赤い帽子のシャアが猛追w
「ザクとは違うのだよ」ばりの末脚ですよwww
でもミゼリコルデに差されて2着w
さっくり複勝はいただきました。

念のため調べてみたら、3枠に入ったときの複勝率は
現時点では100%のようですw
やはり「赤」のときは要注意なんですねーw
赤帽のシャア、という語感は「〒」的ですがw
失礼いたしましたー。


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/276-6bb7ffcd