2010.05.24
ローズキングダムの鞍上は、後藤に決まりました。

騎乗停止となった主戦。
降着になったレース、加害馬は右にモタれ始めているところに
左鞭を当ててしまっているようでした。
ジャッジは妥当と思います。
感謝を込めるはずの騎乗はなりませんでした。


これで、ダービーに向けた不確定要素は
ほぼ取りまとまったでしょうか。




武豊、不参加。

最終登録を区切りとしたのはアプリコットフィズ同様。
肩の可動域がまだ満足いくものではないというコメントから
最低限、第一人者として示すべき「一線の引き方」を
示してくれたという印象です。

どんな背景があるにせよ
おおやけに我を通してしまう人間が中心に座る世界は
たいがいだらしなくアンフェアな秩序を招くと思いますので。
見られる側の姿勢の示し方、いつでも難しいものです。

そして引き続き、ヴィクトワールの鞍上は岩田。
戻らなかったルーラーシップより
むしろヴィクトワールピサの方が
人馬のマッチングはよいという私見です。




変則2冠。

今年のダービーをワクワクさせる要因のひとつですね。

NHKマイルCを勝った、ダノンシャンティの差し脚は強烈。
仕掛けてからの加速力にフジキセキのパワーが表れているでしょうか。

早すぎる馬場に事故への懸念の声。
オーバーペースのサンライズプリンスを除くと、
故障したのは、最後方からメンバー2位の上がりで
着順を押し上げたエーシンホワイティ(軽度の骨折とのこと)のみ。

ではありますが、スピードが出過ぎるということは
カラダを過度に使い過ぎるということでもあるのかな、と。

故障という最悪の結果でなくとも、疲労が取りきれないという懸念は
出走馬すべてにいえると思っています。
例えば2着のダイワ。冬に間隔を開けなかったにせよ、
早々に秋まで休養を決めましたね。

シャンティの1週前調教。内容の軽さは
その私見を裏付けるものなのでしょうか。




青葉賞。

自分の目撃した中で最高の勝ち方だったと思っています。
ちなみに直線の展開が美しかったのはシンボリクリスエスの時。
これは余談か。

これまでの楽な相手関係がうんぬんされていますが
馬群で終始もまれこむ展開にでもならない限り
心配は無用と思います。
それだけ青葉賞のパフォーマンスは抜けていました。

残り4ハロンから2ハロンまで加速するラップの中、
直線に向いた直後は先行する2頭の隙間を割り(1頭分なかったはず)
最速ラップの登坂ポイントで一気に抜け出す内容。

ホントに一抹の不安ですが
きれいなフォームと前脚の膝下の柔らかさ具合が
あまり渋った馬場に向かない印象。
幸いお天気はよさそうですので、これは考えなくてよいかな。


若葉Sから青葉賞。
トレーナーの(いつもの?)中山適性に対する辛いジャッジが
ダービーを盛り上げる要因になりました。

皐月賞トライアルのそれぞれの勝ち馬、1月2月の重賞勝ち馬が
ほとんど手合わせすることなく迎える本番、
昨年の皐月賞はそこに高揚感がありました。

有力馬が一堂に会しての手合わせ、
今年はそれがダービーとなりました。




プリンシパルS。

1着のみ優先出走権という条件は
プレッシャーになりえなかったでしょうか。
こちらは格下相手に楽勝、という印象。
ここで、手替わりの横山が大事な仕込みを行った、というのが私見です。

向こう正面で顕著だったのですが
極端に手綱をつめて、首を使わせないように抑えていた様子。
おそらくですが鞍上は、道中の追走の際の
ストライドを小さくする、という意図を持っていたのではないか、と。

これまでの道中のストライドは、かからないように抑えてはいたものの
スパート時と同様に伸び伸びとしたもの。

ルーラーシップ自身が持ち前のカラダの柔らかさと気の良さで
ィヤッホーッ!!な走り方を続けていたところに
横山はストライドをつめることで生じるレース中の「溜め」を
伝えたように見えました。

もちろん、本番に活きるかどうかは別の話。
ですが、それをよくわかっている鞍上へ乗り替わったと見ています。




若葉S。

個人的にこちらを再検討する必要があると思っています。
なんででしょう、レースレベルを評価し切れていないんですよね。

2着ヒルノダムールは前後の成績もあり
有力馬比較の際の指標となっているようです。
それを見直す必要があるだろうなと。

1、2着の成長分を考慮すると、若葉S時のパフォーマンスを
うんぬんする必要は薄いかもしれませんし。

どちらにしても皐月賞組の評価に
ヒルノダムールは欠かせませんので。





…いましがた、共同通信杯の映像を観てみたのですが
ダノン、パワーアップが顕著ですね。

どのウマのパフォーマンスが、今年の展開に
もっとも似合うものになるのか。

ダービーウィークは始まったばかりですので。
予想する方がかかり気味ではねw

まだまだ、テンションは抑えておかないといけませんw


まずは書き損ねてきたところを
少し整理してみました。



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/289-40adb7a1