2010.06.07

リーチザクラウンのテンションは、
残念ながらやはり変わっていませんでした。

パドックで見た馬体はほんとにきれいなフォルム。
なのですが、いい頃に比べるとトモの力強さに欠けている印象。
テンションに配慮したウマなり調教の代償?でしょうか。

武豊TVだったかな、リーチのテンションについて
地下馬道で急にスイッチがはいってしまう、という発言を
現在療養中の主戦がコメントしていたことがあり。

今日も同じでしたね。
スタートしてから2ハロン目以降で抑えが効かなくなるあたりも。
しみついた戦闘体制、ということなのでしょう。

先行勢はエグイ騎乗をしていましたね。

かっとびすぎたエーシン(一か八か過ぎないかい?)も
積極的だったキャプテンも
最内のリーチの進路を3コーナーまでは空けていました。
そりゃかかりますね。

そして、3コーナー手前ではエーシンが
3、4コーナー中間ではキャプテンが絶妙に前をカット。
これがリーチへのトドメだったと思います。

現地で見てても見て取れましたが
パトロールフィルムはやはり饒舌。
もろもろの所作ははっきり映っていました。

走破タイムは1:32.8。
前傾ラップを掛かり気味に追走して失速。
仮に折り合ったとしても勝ち切ることはなかったでしょう。
自信を持って切りました。これは会心です。


レースの後で悪友と議論。
リーチに合う舞台はどこか。

自分は京都の芝1600m(ファインモーションのマイルCSのような展開)か、
府中のダート2100mだと主張していたのですが、
これはまた別の話に発展してしまいまいて。
時間見つけて書くかなー。
ファンの身勝手な暴論みたいなアレですw





勝ったショウワモダン。
超前傾ラップを無理なく中団へ。
前にウマを置きつつ、いつでも外に出られる位置をキープして
直線まで持ってこれました。

仕掛けの我慢は、ダービーの反省から、とのこと。
ダービーが失策だったとは思いませんが、
結果として登坂時の我慢は功を奏しましたね。


メイSから中1週。なかなか予想の優先順位が上がりませんでした。
ハイペースとゴールに向けて落ちていく上がりラップ。
中距離を踏ん張るスタミナも要求されましたね。
このあたりは経験も血統も(母父ね)活きたかなと思います。

通ったコースはアドマイヤコジーンとほぼ同じでしょうか。
レース直後には軽いデジャヴのようにも。


ウイニングラン。
スタンド前まで戻ってきたウィナーを暖かい拍手が。
その拍手がスイッチになったようです。
鞍上、涙もろいっすねーw


消去法で有力馬を消していたのですから
それを前提にこれと決め打てばよかったなー。
ショウワモダンになっていたかは、まぁ、別ですけどねw


しかし、1:31.7の勝ちタイム。
今後、順調に整備できた府中の馬場は
こんなタイムで推移するのでしょうか。

漠然と書いてしまいますが、ちょっと怖い気がしています。
つっこんだ論評をもう少し目にしたいですね。





自分の予想。情けなかったです。

レース後、いまいち釈然としなかったのですが
自分が消去法で軸ウマまでたどり着こうとしていたこと、が原因かなと。
選んだウマにではなく、予想の姿勢に反省をしております。


最終的に本線は、パドックでパワフルさを感じ取った
ビューティーフラッシュとスマイルジャック。
特にスマイルは、内枠から展開の利を引き寄せる可能性に
かけたつもりでした。

なんというか、押し出されるように選んだんですよね。
もっと積極的に選び取っていれば
レース後の受け止め方がもっとすっきりしたかなー。


皇成はうまく立ち回ったと思います。
ただ、勝つためにはもうひと工夫、それが何かは難しいのですが
もうひと工夫。欲しかったなと。

3、4コーナー中間。前をカットされたリーチが下がり、
直後のフェローシップが下がり、その後ろに入っていたスマイルジャックを
下げざるを得なかったロス。
3コーナーまでに回避する策があったように思っています。

慌てず、甘んじて下がった点は好感。
その胆力はなかなか反省で身につくものではないと思いますので。

たとえば、はったりでもけん制でもいいので、他馬に対するポジションの主張。
この後の海外遠征で学べるのなら。是非。

あと、追う時は脇を締めた方がいいでしょうね。
そのほうが必要な力が逃げない、と思いました。
…エラそうですかね。




おぉ、書いておかないと。
トライアンフマーチ。
これが見立てと大きく違うパフォーマンスでした。

この超前傾ラップを好位追走して(前半手綱を押してました!)
早めに仕掛け、差した勝ちウマとコンマ2秒差に粘りこみました。

これはすごいなと。恐れ入りました。息も深いですね。
秋はマイル戦線の主役と思っています。





最後に。

安田記念の際は、デフォルトです。
パドック脇の安田伊左衛門像へ一礼することw
いや笑ってはいけませんw

ご本人のキャラクターはともかく、この方が尽力しなければ
安田記念どころか、今日の競馬がなかったかもしれないのですから。

しかし、像の周辺をいたづらに花で飾るのはどうでしょう。

ふつうにたたずんで居てくれれば。。。

…なんか、お墓参りに来ているような感じで。。。
レースへの覇気が若干削がれました。
善意の産物なのでしょうが、ちょっと再考をお願いしたいと思います。


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/296-b5550b6e