2010.06.15

【エプソムC】

どうしてグラスワンダーは、府中の1800mでは
安心して見られないのでしょうねw

セイウンワンダーが捻じ伏せた、と言っていいとは思いますが
シルポートの粘りもなかなか。
同じ馬場状態で改装前の金鯱賞だったら、とかね。
次走、七夕賞はいかがでしょうか。

セイウンはようやく適距離で結果を出すことが出来ました。
記録は良馬場になりますが、荒れ馬場をこなして
結果が出たのは収穫のひとつと思います。

まぁ、なにもできなかったサンライズマックスを
本線にしてる時点でなんも言えない感じではあります。。。



【カネヒキリ復帰戦】

結果として帝王賞には出られる模様。
二転三転してましたね。

はじめは帝王賞を予定。ところが大井競馬の規定で
1年以内に出走暦のないウマはエントリーできないことが判明。

代わりに浮上したのは宝塚記念。こちらは
オーナーが自重したようで取りやめ。

で、いったんはプロキオンSにw
1400m?まじですか。

と思っていたら、特別区競馬組合が動きました。
なんと規定を変更。おぉ。主旨は以下の通りだそうです。

「所属場(主催者)が施行する競走に出走できる資格を有する馬が、
ダートグレード競走に出走できないことは、
その世代の有力馬が競い合うという
ダートグレード競走の本旨に適うものではなく、
また、JRAと地方競馬が極力近い出走条件を設定することが適当である。」

具体的には、ゲート試験をパスしたら出走OKですよ、という
運びになったようです。

この柔軟さにうんぬんする向きもあるでしょう。が、
現行ルールにしばられ過ぎて、G1の魅力を削いでしまうことの方が
もったいないと思います。

…このルールのために、賞金ギリギリの上がりウマが
休養明けの実績馬に除外される図式も浮かばないこともないですが。。。

医療技術、調教技術の発達を理由に、
1年以上の休養は珍しくないと明記した度量。
買いです。



【マカニビスティー出走不可?】

7月のJDDを前に東京ダービー馬マカニビスティーが
JRAに移籍しました。

というより、矢作厩舎から一時的に
大井に移籍していた格好のようですね。
東京ダービー後のJRA復帰は規定路線とのこと。

確かにJRAでは、3歳春のダート路線は番組が少ないですから。
トレーナーならではの柔軟な対応という印象でした。


と思っていたら、特別区競馬組合の規定が。
報道ベースの情報ですが、地方競馬からJRAに復帰したウマは
最低JRAで1走以上しないと交流重賞に出られない、という
大井競馬の規定があるそうで。

これに則ると、本来優先出走権をもつマカニビスティーは
きついローテーションを覚悟して1戦使うか、
あるいはJDDを断念するか、という選択を迫られることになります。

…あれ?

カネヒキリに出走OKしたときの切符のよさは
どこにいってしまったのでしょう。



今年のJDDは、中央からバーディバーディ、
東北からロックハンドスター(ちょー見てみたいw)、
東海からエレーヌ(でるかなー)
そして南関東からマカニビスティーと
有力馬が各地からそろう可能性が注目どころと思っています。

こちらのルールは変えないそうですw
なかなかがっかりさせてくれます。

有力馬の中央への流出を懸念しているのかもしれませんが
せめて実力でもぎ取った優先出走権を無効にしてしまう措置は
避けてもらいたいところです。



【ゼニヤッタ記録更新】

17連勝!
YouTubeで確認しました。

前々走G2勝ちの2着馬をなかなか交わせなかったあたり
必ずしも調子は上がっていなかったかな?

相手関係、調子など、シガーのチャレンジのほうが
もっとタイトだった印象ですが、これで記録更新ですね。


しかし、昨年のBCもそうですが
ゼニヤッタの勝利直後のスタンドは
なんだかいい雰囲気に見えるんですよね。
やさしく称えるというか、迎え入れるというか。

ディープインパクトのレース後も
不思議な雰囲気でしたけどね。
あの感じとも少し違うように見えます。

いろんな背景をしょってないと
きっと同じように味わうことは難しいんだろうなー。



一方のレイチェルも10馬身差で復帰戦を飾っていますし、
改めて直接対決、期待したいんですけどね。
どうでしょう。



【わき見ブロガー】

たったいまW杯の日本初戦、カメルーン戦が終わりました。
中継見ながら書いてましたーw

ケイバを観てる時より口汚いのはなぜでしょうねwww
勝ってよかったですw


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/298-9e778eca