2010.06.27


レッドディザイア回避はかなり残念です。
チャンスだと思ってたんですけどね。

そして、雨。

四国では記録的豪雨となった地域もあったようです。
今日の阪神の馬場はすごいことになっていました。。。
2年前のエイシンデピュティの時に近い印象かな。

ファン投票時の期待とは少し異なる
サマーグランプリになっていますね。




その馬場状態。

土曜の11R。不良馬場に変わっての生田特別。
1番人気テンシノマズルが37.0の上がりで苦しむ中、
唯一の3歳馬が35秒台の末脚。パントクラトール。
斤量の軽さも味方したかな。

そして、この馬場状態で500万下、という点を考慮しても
2.29.1の時計。ほとんど2500mの勝ちタイムですよね。
明日はもっと悪化するでしょうから。むむむー。

内外の馬場差はいまのところ極端ではないようです。
一つ前の芝レース、京橋特別はメジロブライト産駒の逃げ切りw
そういえば親父のステイヤーズS。ありましたねーw

いまいまの馬場をこなせる血統、という注目も必要かと思わせます。
ちなみにパントクラトールはキンカメ産駒でした。




この馬場になっても
ブエナビスタの評価は下げづらいですね。

ノメってノメってまるでレースにならない、という状況でなければ
おそらく能力差で押し切ってしまうように思います。

…例えば、相当な外差し馬場になるなど、
今後の馬場状態の変化次第では
考え直す必要もあるかもしれない、と構えてはいますが。

父スペシャルウィーク。血統的にダメではないですし
なによりオークスの馬場はなかなかひどかったですから。
あの馬場を仕掛け遅れで差し切りましたからね。

共同インタビューに終始笑顔で臨んだトレーナーの姿が
事前の死角の少なさを物語っているという印象です。




では、それ以外の候補は。
いやー難しいですねーw

1週前の時点では、内枠にはいったら
かなり積極的にアーネストリーと思っていました。

いまいまもそこまで大きくブレてはいないのですが
予想の比重、他のウマも少し色気を持って
考慮する必要があるような。

出来と馬場を加味して、いまのところ。
ネヴァブション、ジャガーメイル、メイショウベルーガ。
そしてロジユニヴァース。
名前を挙げておきます。


ダービー馬の評価はホントに微妙ですね。
馬場が馬場だけに、相対的にやれるかもしれません。
出来は決して万全ではないのですが
そんな状態でダービーを獲りましたからね。

不良馬場のG1でふたたびロジと向かい合うことになるとは。

ダービーの際は検討の時点ではこわいこわいと思いつつ
最終的に無印でしたので。
キレのある予想にすべく、まだまだ悩みたいと思います。





…そういえば、前年のダービー馬とオークス馬が
揃って出走する宝塚記念というのは記憶にないですね。

珍しいはずですけど、その切り口ではあまり話題になっておらず。

まぁ、そのオークス馬が現役最強馬?といわれていますから。
注目のされ方でレースの見方も異なってきますね。


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/300-709cd90b