2010.06.29


凱旋門賞の1次登録を済ませたウマは
5月6日にJRAから発表されています。

発表順に、アクシオン、ヴィクトワールピサ、エイシンフラッシュ、
ナカヤマフェスタ、フォゲッタブル、ペルーサ、レッドディザイア。

その時点で失礼ながら首を傾げてしまっていたのが
エイシンフラッシュとナカヤマフェスタでした。

まさかその2頭がG1を獲ることになるとはね。。。



前走がオープンのメトロポリタンS、だけで
評価を下げることはありませんでした。
ショウワモダンの反省、ではなかったんですけどw

調教の動きも十分と捉えていましたし
馬場もこなせると判断していました。が、
「やんちゃ」な性格と外枠というファクターが
どうしても評価を上げさせてくれませんでした。


やや重ながら、パワーが要求された馬場と見ています。
スタートから2~3ハロン目が11.1-11.3と落ちなかったため
先行勢には苦しい流れになりました。

ブエナビスタが抜け出してからの最後の1ハロン、
12.5という落ち込み方が
道中のタフさを物語っていると思います。




ナカヤマフェスタ。
そのペースを後方から追走。
レース中はヘンな癖を出しませんでしたね。

内にジャガーメイル、外にフォゲッタブル、前にアクシオン。
向こう正面から4コーナーまで、
結構しっかり囲まれていたせいでしょうか。

マークのきついポジショニングが
悪癖を出す余地をなくす、というのは
シンコウウインディの時点で学んではいましたが、
4コーナーといい、それにしてもスムーズに立ち回れたという印象です。

…そういえばお父さんもレース中の所作に難のあるタイプでしたね。
そうかー、親父似なG1馬が誕生したということかーw



オーナーのエピソードはレース後あちこちで
見ることが出来ました。

高齢のオーナーの夢。
勝っても負けても凱旋門賞、だったそうです。

それだけの期待の大きさを、
1次登録という事実から読み取るべきでしたねーw

黄金旅程、第2章。でよいでしょうか。
産駒の旅路はロンシャンへ続くことになりそうです。




ブエナビスタ。

タフなレースをうまく立ち回った印象です。
めぐり合わせとは思いますが
横綱競馬をしようとすると惜敗しちゃっていますね。

最近は相手を交わすと力を抜いてしまう様子。
実力の発揮のさせ方が少しずつ難しくなっているのかな。

夏は休養ということでほっとしています。
ただ、おつりが残っているうちに、という発想が
至るような内容とも映りました。




アーネストリー。

今回親父譲りをうんぬんするのはこちら、と思っていたんですけどねw
父仔制覇はなりませんでした。

まぁ、どちらかというと
秋への期待をもたせる善戦、だったという認識でいます。


いや、あんな真後ろでぴったりマークされたら
正直しんどいですよw

それだけ横山は相手と見ていたのでしょうね。
その意味では自分の見立ても間違ってはいなかったかな。

…自分の見立て?
3連単で3-2-1着でしたよーw





あとはドリームジャーニー。

追い切りでも豪快に左へもたれていましたし、
スタート直後も左へ大きく膨らみました。

右の球節炎をかばったものかどうかは不明ですが
夏は休養に充ててほしいですね。

ゴール前の伸び脚を見ても、順調であれば、
まだまだ侮れない存在と思っていますので。




関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/301-676bffa0