2010.06.30
【ヴィクトワールピサ遠征】

凱旋門賞へ参戦が決まったようです。

皐月賞馬が、その年の凱旋門賞へ遠征するのは
初めてのことでしょう。

斤量面での、3歳馬のアドバンテージは知られているところ。
決して「挑戦」ではなく、選択肢のひとつという認識をしています。
買いかぶり?いえいえ。

いまのところニエル賞をステップにする予定。
ということは、ナカヤマフェスタ陣営との合流はないかな。

チーム・エルコンドルパサーの叡智も
プラスして欲しい、などと思ってみたり。
はい、身勝手な外野でございます。

実際はシャンティーの日本人調教師、
小林智さんの厩舎で調整するそうですね。

端的に、楽しみです。



【血統は繰り返す?】

宝塚記念の1~3着。
一日経ってからはたと気がつきました。

着順に沿って父馬の名前を並べると、
ステイゴールド、スペシャルウィーク、グラスワンダー。

99年宝塚記念。1~3着は順に
グラスワンダー、スペシャルウィーク、ステイゴールド。


ねー。きれいにひっくり返ってるとはw

全く自覚なく、99年の馬券を買っていたんですねー。
偶然なのか、無意識になんかでていたのかw


父に似ている順で決まったとも言えるかなw

今後もこんなG1が増えてくる可能性はありますね。


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/302-4fe45788