2010.07.10

【ラジオNIKKEI賞】

もう土曜日ですが、気づいたところを。

アロマカフェ、というよりヨシトミ先生。
ちょっとだけ仕掛けが早かった?!

いやいや、とてもいい意味で捉えているのです。

これまでのヨシトミ先生のイメージといえば
道中負担をかけない騎乗に終始する姿。
時にそれは勝負と遠くはなれたレース運びになる印象があり。


今回のアロマカフェの騎乗。

パトロールフィルムで見る限り、向こう正面にはいって
我慢し切れなかったトゥザグローリーに外から交わされた際は
はやる気持ちをうまく逸らして、そのトゥザの真後ろへ。
このあたりはさすがの落ち着き。

ただ、レースラップはジェットコースター。
12.6-11.5-11.4-12.6-12.3-11.5-11.6-11.7-12.1。

いったん落ち着きかけたラップはそのトゥザグローリーによって再び上昇。
2回目の11.5のあたりですね。
後はゴールに向かってじりじりと下がるラップタイム。
4ハロンの我慢比べを残り600mから仕掛けていくのは
度胸と経験が必要でしょう。


ヨシトミ先生の脂っ気、と勝手に受け取らせていただきましたw
一方で飄々としたインタビュー。
ひょっとしたらこれからが円熟期?なのかもしれません。

…どうでしょうねーw

あと、ヨシトミ「先生」と呼ぶのに他意も悪意もありませんw
リズムのよい発音といいますかw
癖となっているだけのようですw




【ナムラタイタン】

血統表を見てびっくりしました。

三代母のコマーズ。これにアフリートを掛けると
スターリングローズになるじゃないですか。

ナムラタイタンの母父はアフリートですので
母ネクストタイムは「3/4スターリングローズ」となります。
これにサウスヴィグラスをつけるとはw

スターリングローズはサウスヴィグラスに
先着したことはないと記憶しています。
熱いパッションを感じる配合ですw
もうJBCスプリントを目指すしかない!


サマーウインドの先行力、グロリアスノアの末脚、
そしてマカニビスティーの未知の実力。
プロキオンS。面白いメンバーが揃いました。

が、今回もいけるのではないでしょうか。
熊ちゃん、復帰祝いは自らの手で。
期待してます。



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/305-28912904