2010.08.30


ワンカラット、見事な押し切りでした。
そして1、2、3着が、牝馬、セン馬、牝馬。
男子しっかりーw

北海道も30度超えが続いているようですし
秋の活躍から逆算して、今年の夏をどう過ごすかは
難しいさじ加減になるんでしょうね。
牡馬は腫れたりしますしねw



勝ったワンカラット。
サープラスシンガーががっつり引っ張った結果
レースは2ハロン目から徐々に逓減する前傾ラップ。
これを早目3番手から押し切る内容はなかなか。

ただ、中山を押し切るパワー?
これから春の有力馬も調子を上げるでしょうしね。
いまいまは有力馬の1頭という認識でおります。


ジェイケイセラヴィ。
スタートは決まっていたのですが
その後、直線に向くまで外からウエスタンヴィーナスに
かぶせられぶつけられ。。。

悪意のあるインターフェアではないですが
その外をスムーズにワンカラットが進出していったことを考えると
もったいなかった感がありますね。
枠順の妙もあったでしょう。


ビービーガルダン。
休養明け緒戦、斤量差を考えるとまずまずなのかな、と。
調教の動きからも、これからもう一段階
仕上がってくる感じがしています。
チーフベアハート、急には仕上がらないですよね。





あと、ローレルゲレイロを見ながら気づいた?こと。

スプリンターの仕上がりをどう評価するか。
その基準についてちょっとヒントを得た気がしています。


今回の追い切り、芝コースで36.6-11.4でしたから
タイムだけ見れば十分といえる内容でしょうか。
しかしレースでは出遅れ。追走に苦労しつつ、上がりは勝ちウマとコンマ3秒差。
このパフォーマンスから見えてきたこと。


スプリント戦で求められる特有のスキルは、
スタートからの瞬間的な加速力でしょう。

もちろん、ゴールまでの持久力や勝負根性も求められるでしょうが
スタートからついていけなければ、トップスピードの値が
よほど抜けていない限り勝負にならないでしょうから。
…そう考えると、デュランダルはすごいですねw

今回のゲレイロの追い切りは、徐々にスピードを乗せて
ラスト1ハロンで最速になる内容。
これが栗東坂路で51秒台、中距離をつかうウマなら
十分満足な結果だと思われます。

ただ、スプリンターの場合、追い切り中の加速ポイントから
トップスピードにのるまで時間がかかりすぎるとしたら、
レースで求められる加速力を考慮する限り
内容として十分とはいえないのかな、という考えに至ったわけです。

その理屈からすると、今回のゲレイロは
仕上がり途上を疑うべきだったのかな、と。




あー、函館も札幌も坂路がないことも大きかったかな。
実は負荷も足りなかったかもしれません。

そうそう、栗東坂路でいえば、登坂直後のラップが早い場合
ダートに向く可能性を考えるトレーナーもいるようです。

ダート戦のスタートに必要とされる、スタートからの
パワフルな加速力を見極めるため基準としているそうで。
スプリンターにも同様の見極めが可能な気がしています。

どこかでコメントを読んだんですよ。
誰だったかな、思い出せないですw



もちろん、スプリント適性は加速力だけではないでしょうし
ゲレイロ、もともとスタートダッシュが得意なタイプではないですしね。
59kg、で片付けられる話でもあると思います。

そちらの理由のほうが敗因としては強いかな。


ただ、なんというか、典型的な理由付けで済ましてしまうのは
少し面白みに欠けちゃうなと。
せっかくの気づきですから、見当違いでも分析で楽しみたいな、と。
こんな分析なら、全然、面倒に感じませんので。

…だから周囲から「仕方ないなーこの人はー」という扱いを
受けたりするんでしょうねーw



スプリンターの追い切りで「加速力」が確認できるか。
今後は追い切り映像を見るときの
ポイントにしようかなと思っています。


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/318-99dcccb7