2010.09.19

【凱旋門賞前哨戦】

どちらもひと叩き、という印象でした。
が、その内容から本番を展望するのは。。。

ヴィクトワールの失速を
ロンシャンの馬場の重さに求める記事もありましたが
JBIS-Searchの現地ブログでは割と短く整った芝状態の写真もあり。

あー芝の長さに依らず、実際は力の要る馬場だったかもしれませんね。

ナカヤマフェスタもそうですが
ひと叩きした上積みを見込めるタイプと思いますので
その後の調整が順調に推移するように。
期待して本番を待ちます。

※追記
あとで調べたら、当日朝からけっこう雨が降ったようですね。
ちょっと納得しました。
上積み次第で期待値はあがりそうです。
ヴィクトワールはソフトすぎる馬場はいやな感じですね。


【分析不足】

前回の京成杯の書き込み。
ちょっと分析が甘かったです。

道中はゆるまずと書いたのですが、楽をしていましたね。
スタートから2ハロン目。ラップが上がっていませんでした。
先行争いのためのスタートダッシュが不要だったわけです。

ここで楽をしたまま単騎逃げに持ち込めたのが
今回の勝因と考えてよさそうです。

これくらいの内容を見落としているというのは
ちょっとショックでした。。。
ぼーっとしてたのかなー。
確かに仕事は激しく忙しいですが。。。

通勤途中でGallopを読んで
改めて確認したラップタイムに驚く感じ。

精進しますw
なにをw



【ポップロック引退】

レース中の屈腱炎だそうです。。。

アイルランドセントレジャーへの挑戦半ば、というタイミングは
戦歴に大きな傷をつけることはなかったと思うのですが、
種馬としての価値は、いまいま現地でどうなっているでしょうね。

少し俯瞰して、日本からこうした形で血統が輸出されるのは
喜ばしいこととも思います。


障害用種牡馬としてもオファーがあるようです。
そうか、近い将来、ポップロック産駒が
グランドナショナルに出走、という可能性もあるのかなー。

ナイスチャレンジ、お疲れ様でした。



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/323-60912111