2010.09.26


神戸新聞杯ですね。
追い切り映像を観るまでは、2強にしようか上がり馬にしようか
あれこれ戦歴を眺めていましたが
RACING VIEWERの映像を観てしまうと、ね。

ダービー馬、順調のひと言ではないでしょうか。



相手なりに走るというダービー馬。
その特徴は、極端に離れた相手を
追いかけなければならない展開でもろさを見せるときがあります。
案外、先週のセントライト記念に出ていたら
結構な確率で取りこぼしていたかもしれません。

そこで、ビッグウィーク。
ヤマニンエルブとは違うタイプですけどねw

ハイラップのまま乗り切るには直線は長いですので
阪神2400mは中盤でラップが緩むケースが多いのでしょう。
小倉のような押し切り方を端的に望めないあたりが
展開の読みを少し難しくしています。

バゴ産駒というとオウケンサクラがぱっと浮かびますが
平均的に脚を使ったほうがよいイメージがあります。
スローのフラワーCより桜花賞のパフォーマンス、という感じ。

さて、鞍上はどのくらいスタミナを問うような展開に持ち込むのか。
ひとつの見所と思います。



ローズキングダム。
新たな鞍上を指名した理由が「第一人者」というあたりに
トレーナーの菊へ向けた戦略と不安が見え隠れする印象。

おそらく3000mは長いというジャッジなのでしょう。
明らかに、という形容には及ばないとは思いますが
ウマの特性以外に長距離を乗り切る材料が欲しかったのではないかなと。
そりゃ、菊花賞は4つ獲っていますからね。
頼もしい鞍上を迎えることになりました。



注目度が弱いという意味で、穴。
サンディエゴシチーと思い始めています。
追い切り映像を観た限り、春先に比べて弾む感じが出てきたような。
特殊なダービーではありましたが、上がり33.0に復調の兆し。
札幌2歳Sを勝ったのはちょうど1年前ですしね。
はい、好材料を並べてみましたw



最後に、番手につけた場合、久々であるがゆえに
ネオヴァンドームが展開の鍵を握る予感もしています。
その場合、いまいまの鞍上の実力、
まさに試金石といえる一戦になるかもしれません。


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/325-e802c1ed