2010.10.03


ビービーガルダンを本命にしましたが
TV中継のパドック映像で後悔をしていました。

パドックの内々をポツポツと歩く姿。
好調なときはそんな表情を見せていなかったはずで。

ヘルシーさを誇張しつつパドックの外々を
のしのし推進する感じがなかったのは、馬券を買う前であれば
大いに懸念材料として取り上げられたなー、などと後悔先に立たず。
ねー、事前に馬券を購入していたのでもうドモナラズでしたw

返し馬に入る直前は逃げるような仕草でしたしね。
調整は順調に見えていたんですけどね。
やっぱりパドックは大事です。残念。




という以上に、今日の日本勢全体にちょっこし失望感があり。
いや、日本のスプリンターのレベルに対してというべきでしょうか。

以下、愚痴にならないように気をつけつつ、書きたいと思います。


中山1200mの先行有利は周知の事実と思います。
雨による馬場悪化も懸念されてましたが、今日の馬場、
内外大きくは変わらないコンディションと映りました。
結果、コース形態上内枠ないし先行馬にアドバンテージあり、という見立てでいました。

このアドバンテージを前提にするなら、今日のG1、
スタートダッシュからの先行争いは重要なポイントになります。
レースの主導権は結果につながりやすいわけですから。


そのスタート。
発馬は五分でしたが、その後のダッシュが早かったウルトラファンタジー。
完全に抜け出した後、2ハロン目には抑える余裕が生まれていました。

このわずかな時間。スタートから馬群を抜け出しきれたことが
ウルトラファンタジーの最大の勝因と思います。



そのときの他馬の鞍上の判断。誰も先手を主張しにいけず、
ウルトラファンタジーの抜け出しを許した格好になりました。

いくつかの要因は重なったと思います。
ヘッドライナーのスタートが合わなかったこと。
ローレルゲレイロのスタートダッシュが不器用さを増していたこと。
ウエスタンビーナスが大外枠、という巡り合わせもあるでしょうね。

特に、ローレルが2ハロン目後半からハナに立つようなイメージが
他の日本人ジョッキーの頭の中にはあったでしょう。
そんな主張をしてくるはずだ、という。

そのローレルの主張にお付き合いしてはいけない、
ビービーガルダンとアイルラヴァゲインは
そんな心理的ブレーキで出方を伺う時間があったように見えました。
その読み方は昨年同様、だと思われます。


昨年と違ったのはラップでした。

以下、昨年のラップです。
11.9-10.2-10.8-11.2-11.5-11.9
そして今年のラップです。
11.7-10.7-10.9-11.2-11.1-11.8

前半3ハロンは今年のほうが遅く、特に2ハロン目のラップは
0.5秒もゆるかったという事実。


この心理戦におかまいなくハナを主張した香港の逃げウマは
昨年より緩い先行争いを制し
最小限のコストでマイペースを握ることができました。

ギリギリまでアクセルを踏まないようにする、逆チキンゲーム。
リスクを負ってアクセルを踏んだウルトラファンタジーの勝利は
日本のスプリント戦の底浅いレベルを指摘されたかのようでした。。。



小細工なし、フィジカルで圧倒するスプリンターは
今の日本にはいませんね。
それがここ一番でのジョッキーの
消極的な心理戦につながりやすいのかもしれません。

ウマの鍛え方、きっと違うんでしょうね。
日本ではスプリント専用に鍛える文化はないでしょうから。
サイレントウィットネスの時もそうですし、
ウルトラファンタジーにも感じましたが
でかくて分厚いトモ!

息づくりも含め、フィジカル面のトレーニング方法を見直さないと
香港スプリンターに太刀打ちするのは難しいような印象です。

ただ今の日本でスプリンター専用のトレーニングに
大きなメリットがあるかというと。。。
差がつく一方、になるんでしょうかね。



その差が歴然としてしまった事実がひとつ。
パトロールフィルムを見た限り、ファイングレイン、
グリーンバーディーに弾き飛ばされていました。。。

審議の結果、処分の対象にはならず、
個人的にもインターフェアーの範囲内だと感じていますが、
そういう問題でなくて、吹っ飛び方がちょっと情けなく。
サッカーではありませんが、フィジカルコンタクト時の強さについて
世界との差を見せ付けられた格好なのかな、と。


こうしたもろもろで、
失望という表現に落ち着いちゃったんですよね。。。





一方、今日のレース展開に対してもっとも勝負にいったと思われる
ダッシャーゴーゴーの鞍上が降着処分になったというのは
皮肉というか何というか。

むーん。サンカルロ、あの位置から勝てましたかね。
中団から進めたい、という陣営の声がありましたが
結果は出遅れでしたし。
しっかり馬券は買ってましたけどねw

川田の注意不足は間違いないと思いますが
降着処分はちょっと重たい印象もあります。




…単にウルトラファンタジーの逃げを他の鞍上が軽視していた、で
いいのかもしれません。

でも、軽視される逃げウマこそ、中山では一番怖いんですよねー。
10番人気という見立ては、馬券を買う側にとっては
立派な反省材料であるとは思いました。



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/328-324039c3