2010.10.04

ナカヤマフェスタ、悔しい2着。

生中継で観ました。力はいりましたね。

チームエルコンドルパサーの経験も
ステイゴールドの血も十二分に発揮されたように思います。

関係者のコメントが聞こえるタイミングではないのですが
陣営の表情、どんなでしょうね。
おかしな表現かもしれませんが、次につながる悔しいコメントが聞きたいところです。


ワークフォースと2頭だけ、微妙な馬場状態をこなした格好。
直線の伸び脚はすごかった。アガりましたねw

フォルスストレートで直前の2、3頭が玉突き的に外に膨らんだことで
1、2着馬にとっては馬群をこじ開けやすい環境ができたようにも見えました。
それでも瞬間的に前が詰まったり横から削られたり、は当たり前、ですからね。
抜け出す地力は見事、でした。

外野からだと、明確な敗因が見当たらず。
ワークフォースの見事な巻き返し、と勝者を称えるべきなのでしょう。
歴史的なエプソムダービーは伊達ではなかった。
キングジョージ以来というローテーションにもかかわらず
すばらしいパフォーマンスでした。

それと僅差ですからね。ナカヤマフェスタの2着は
日本のトップホースのレベルを改めて示した格好になりました。
来年、もう一度チャレンジしないですかねw



一方、経験もフィジカルも未熟さを露呈してしまったヴィクトワールが7着。

一発狙いという戦前のコメント通り、鞍上はスタートからしばらくして
ググッと馬群の後方に下げる形に。

そこからがなんとも。道中何度も首を上げる場面が見られました。
鞍上の上体が起き上がる姿。走りにくそうでしたね。

折り合いであそこまで苦心するイメージはありませんでしたし
良馬場だったら違っていたと思いますし。
あの揉まれ込む経験を糧にしてほしい。
ウマの気持ちがしぼんでいないことを祈りつつ。

ナイストライでした。残念。



3歳馬でなければ、という斤量面の有利さは以前から強調されてきました。
今回もそこに敗因を求める声があるでしょう。
ただ、今後のチャレンジについて
そこまで意識しなくてもよいように感じました。

ブエナビスタやアーネストリーに今日の展開をこなせたか。
正直未知数ではありますが、
ナカヤマフェスタのほうに適性があったのは確かと思います。
年齢よりロンシャンのロケーションと遠征への適性、を重視して
期待すべきウマを見定めるべきなのかな、と感じています。



しかし悔しいなー。
レースから2時間たちますが、全然テンションが下がらないんですよ。
なかなか寝付けなさそうです。ちっちゃい子かw

「また2着かよー!!!」って叫んでました。
無粋な表現ですが、正直な吐露なんですよね。

悔しいなー。



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/329-6c6860cb