2008.04.27
ついに東京&京都開催。

東京は初日から曇りがち&雨がぱらついておりましたが
馬場はどちらもよい感じですね。

今日は両開催のメインについて。
それぞれ楽しみなウマが勝ち上がりました。
*映像はJRAホームページの競走結果にのってます。



京都のメインはオーストラリアT。
もうこれは武豊の業としか。お見事でした。

出走したウマの半数が、33秒台の上がりでまとめるスローペースの中、
力み気味のオーシャンエイプスを最内に潜りこませるジャッジ。

そりゃあ、2ヶ月使ってない馬場なら内にコース取ったほうが
距離のロスがない分有利でしょう。それをほんとにやって結果を出しますからね。
…問題はやすやすと最内をあける他のジョッキーかな。

今後の課題は、ゴール前詰め寄られたことより、ペースを問わず折り合うことでしょうか。
安田記念まで楽しみが続いてほしいです。



一方、東京のメイン、メトロポリタンSは
予想通り、というか予想以上に役者が違った、アルナスラインの圧勝。

上がりタイムも、一頭だけ34秒台でまとめる内容。
まだまだ仕上げていない馬体とはいえ、いい走りでしたね~。

鞍上和田もオペラオー以来でしょうか、久しぶりに中距離G1で期待できる
オトコのお手馬ができたようです。
次走は目黒記念でしょうか。

あー、そうしたらロックドゥカンプとどっちを応援しようかな。
ぜいたくな悩みですね~。

ちなみにアルナスラインは「二羽の鷲」という意味でした。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/33-44f382d9