2010.12.13


レーヴディソール、磐石でした。

というより、鞍上のエスコートが磐石さを演出していたでしょうか。

スタートでダンスファンタジアより前にでていたこと。
そのダンスの真後ろで直線まで控えられたこと。
(折り合いという意味ではダンスの動きに助けられた?)

外から被せられることもなく、直線の進路はほぼクリア。
スタートからストレスのかかったのは、
ダンスファンタジアに外からパスされた場面くらいでしょうか。
ブエナビスタの天皇賞のようなスムーズさと思って観ていました。


スローペースにも助けられたでしょうか、
ラップだけ見るとはっきりと、デイリー杯より中盤は遅く。
コースも馬場状態も違うとはいえ、走破タイムも2.1秒遅いですからね。

このペースで最後方は避けたいところ。
鞍上は事前にそれを見越して、対策を考えていたようでした。
スタートから少し出していくイメージでしたね。
その課題をG1の舞台でこなしてしまうあたりは、素質の非凡さでしょうね。

厩舎の先輩は最後方から不器用な展開を続けていましたから。
ひやひやしながら見守っていましたねーそういえばw
それよりは自在性を示した格好です。



まだまだ、未完成なまま、素質の片鱗で結果をだしている印象。
ブエナビスタの阪神JFもそんな感じでした。

肩周りの稼動域の広さが、前脚を高く引き上げ
素軽くて大きなストライドを生み出している印象です。
あのフォームにパワーが加わった時に、脚元への負担がどのくらいか。

アグネスタキオンの分でしょうね、レース後すぐに
これから無事にいってほしいという言葉が浮かんでいました。
まぁ、ファン暦を重ねるといたずらな心配が増えるものですw


ゴール入線直後の鞍上。
激しいアピールは見られませんでした。
このウマの存在感をどう示すか、少し考えていたようにも。

期待感をあおれる鞍上なら、頼もしい限りです。
関西リーディング、そして来年のクラシックを背負う姿。
期待しております。



ダンスファンタジア。

がっつり折り合いを欠いてしまいました。
レーヴより前々で運べる自在性をイメージしておりましたが
今日は良さを出せずに終わりました。

あのかかり方からするとよく踏みとどまったな、という印象ですが
次走の運び方はひとつの課題になりますね。

ファルブラヴの上級馬が阪神の外回りをどうこなすか。
こちらも持ち越し、になりました。



ホエールキャプチャ。

鞍上のファインプレー、見事でした。
実績からは前からも後ろからも行ける印象でしたが
そうしたウマの乗り替わりでは、乗り方に迷いが出ても不思議はなく。

スローを見越してでしょう、中団からレースを進める戦略。
最後は勝ちウマの能力に負けた格好ですが、こちらも成長途上。
ベストな距離はマイル前後、でしょうか。
春同じコースでもう一度見てみたいです。



ライステラス。

デムーロの好騎乗と思います。

大外からの先行ですから、馬群の外を回されるロスを覚悟しなければいけません。
が、うまく先団の外に取り付いて、直線坂までの抵抗。

スローの展開を味方につけたこともあるでしょうが
折り合いの不安が少なかったのでしょう、見事な粘りこみでした。

なにか、阪神外回りマイルの、外枠先行馬の乗り方としては
教科書のような立ち回りに見えました。

ただ、タフな流れになったとき、距離が伸びたとき、
プラスになるというイメージあまり湧かず。
まだわかりませんけどね。



アヴェンチュラ。

鞍上の判断はふたつ、と思っていました。
ホエールキャプチャの位置取りか、今日の展開か。

いったん下げて差し比べをする場合、もう少し流れてくれないと
レーヴとの勝負には苦しかったでしょうね。

結果としては切れ負けの印象ですが、
馬場状態や展開次第では今後も見限れない存在と思います。
特に距離が伸びたとき。ね。

妹対決は、姉とは逆の結果になりましたね。
まぁ、今日はそこがツボになる空気ではなかったかなw



最後に、マリアビスティー。

職場の皆さんと合同予想で選んだ1頭でした。
レーヴ1頭軸で3連複BOX、相手を1頭ずつ宣言しましょうという
お約束でしたが、自分はすでに2、3着は宣言されていた状態で
予想を考えることに。

アヴェンチュラかマリアビスティーかで悩んだのですが
上がり勝負の流れが嵌ったら、と
色気を出しすぎる結果にw

でも上がりタイムは上から4番目の速さ。
アヴェンチュラとホエールキャプチャとはコンマ2秒差。

スピードを乗せるまでに時間がかかる印象もあり
今日の展開では最後方の難しさもありましたが
どこかで嵌る、かもしれませんw

というより、父ハーツクライ。
成長に応じてレースの進め方にも変化がでる、かもしれませんw

2歳戦は「たられば」ばかりになりますねw
そりゃ成長途上ですものね。

むしろ、成長力に賭ける不安定さこそ
クラシックの醍醐味と心得て、
引き続き期待して見ていきたいと思います。




もひとつ最後に。

今日の3連複の配当をどう使うのか。
めったにないですことですからねw

緊急ミーティングの開催が必要かもしれませんw


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/353-12d823a5