2010.12.26



有馬前日。中山競馬場におりました。

職場のお仲間の一人が、競馬場にもウインズにも
アクセスの難しいところに引越しされるので
見納めといいますか、打ち納めといいますか。
みなさんで繰り出してまいりました。



内馬場で中山大障害をナマ観戦。
ちょうどタスキがけになっている辺りで観ていましたが
迫力ありますねー。

目の前の障害で、脚がぶつかったのかゴォーンとすごい音。
周囲は落馬か?とざわついておりましたが、そこでは大丈夫でした。
レースの激しさを示すようで、新鮮な驚きでした。

2回目の通過と同時に、いっせいにゴール前に流れる人、人。
みんなコースとアングルを承知しているんですねー。
自分らは頭に入っていなかったので、わたわたするばかり。

買ったトウカイポリシーは残念なことになりましたが
迫力は十分堪能いたしました。



場内の中継で観たラジオNIKKEI杯。

直前まで小雪がちらつき、若干力を要する馬場と
2歳戦ですからねー、映像から窺えた仕上がり、テンションを重視。
返し馬で口を割ってアタマをブンブンしていた
ショウナンマイティを軽視したのは我ながら好ジャッジでした。

本命はダノンバラードに。

なんといいますか、池江厩舎の思いが
馬体の仕上がりから伝わってくるようで。

この感覚はビョーキかもしれませんがw
こんなビョーキなら望むところです。
ディープ陣営による、ディープ産駒初重賞制覇。
単勝勝負、すこぶる爽快な後味でした。


湿っぽい流れにするつもりはなかったので
わいがや気味かつディスり気味なトークをぶちかましておりました。
オグリキャップメモリアルなのはわかるけど
メイショウベルーガって芦毛しかつながりないじゃんよ、とかw

ちなみに、記念写真を場内で撮り損ねたため、船橋法典の改札前でw
いや、なかなかおもしろい1枚になりましたw

今日の主役はほとんど当たらなかったんですけどね。
また、ゆっくりと繰り出したいものです。



さて、このまま、有馬記念の分析を書こうと思ったのですが
長くなりそうなので、別記事でw


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/356-b50a4078