2010.12.26

枠順確定後に、ローズキングダム回避の一報。

いまいまRACING VIEWERで追い切りをひととおり眺めましたが、
すごくもったいない!!
展開次第ですごくおもしろいことになっていたかもしれません。

武豊のリベンジ、というはからずも最高のシナリオでしたからね。
残念な限りでございます。



前日オッズ1.8倍のブエナビスタ。

追い切りは厩舎お決まりのラスト1ハロンを伸ばすパターン。
うーん、どうもこの秋のピークはもう少し前にあったように映りました。
前年よりはよいコンディションでしょうし、
順調という見立てで問題ないと思います。


ブエナの懸念点は鞍上に対する心象。
いや、自分のではなく、日本人ジョッキーのそれです。
JCの一件で相当悪化していませんかね。思い過ごしかなー。

ラジオNIKKEIの4コーナーから直線。
オールアズワンの進路取りは内をばっちり閉める乗り方に見えました。
そのターゲットは3つ4つ後ろのコティリオンではなく
4コーナーでカラダをこすりあったユニバーサルバンクでしょう。

結果的に進路を失ってつまずいたユニバーサル。
審議の結果、インターフェアではありませんでしたが
試しにレース映像をアンカツがロックオンした前提で観てみて下さいw


そして最終レース。
断然の1番人気ロードイノセントに乗ったスミヨン。

内枠スタートからスムーズに好位を取れる形でしたが、
1コーナーで逃げウマの外へ。
特に先行馬が多い展開でもなく、被される心配は少なかったと思うのですが
なぜ有利と思われる好位の内、逃げウマの後ろで控えなかったのか。


これらの事象は、ジョッキー間での評価が
割とはっきり出たためではないかな、と。
ラフプレーに対する拒絶反応。良し悪しだとは思いますが、
あまり色合いのいい邪推ではありません。


その鞍上が有馬記念で1番人気。
過剰に包囲網が敷かれる可能性があるとすれば。
もうこれはデータにならないレベルの話ですけどね。

そうなった場合、馬格で見劣る牝馬。
実力を発揮しきれず、という展開がありうるかもしれません。

邪推を中心に据えたくはないんですけどね。
こういう分析はあまりポジティブにはなれないですから。

人の恣意性が優先するなら、ケイバじゃなくても、と
思ってしまいますからね。




追い切り映像の動きだけでピックアップすると、
ヴィクトワールピサ、ネヴァブション、トーセンジョーダン、
ルーラーシップ、メイショウベルーガ、エイシンフラッシュ、
そしてオウケンブルースリ。多いですねw


逃げはネヴァブションでしょうか。
中山巧者ではあると思いますが、逃げの一手で押し切るのは
もろもろ助けが必要という見立てです。

エイシン陣営からは前々で運ぶプランもあることをほのめかしていますが、
若干行きたがる気性ですから、競り込まれたときにどうなるか。
行ってしまう可能性はありそうです。

先行馬も目標になりやすい印象です。
トーセンジョーダンとルーラーシップ。
押し切りを期待しているのですが、過去のパフォーマンスからは
G1で全幅の信頼をおくところまでは、むむーという感じ。

このあたりが賭けになりそうです。


メイショウベルーガとオウケンブルースリ。
どちらも最高の追い切りと、展開にスポイルされるイメージが
共通しています。
中山は先行有利、どうしても評価が上がりきりません。


ペルーサ。
ゲート練習はがっつりやってきているようですが
G1の雰囲気の中、トレセンと同じようにゲートをこなせるのか。
五分にスタートをでれば、獲るかも知れません。

一応、外過ぎることと、トモに身が入りきっていないという見立てで
評価を下げています。



ダノンシャンティ。
追い切りの映像を観る限り、有馬までに1戦使えていれば、という
仕上がりと見えました。

鞍上ベリーも中山の内枠有利は感じ取っているようですので
いったん控えてからどう捌いて来るか、楽しみではあります。




予想の決め手は何になるか。ねー。
中山未経験とか、悩ましいファクターですしね。

いまいま、2頭も有馬記念に出走させたエアグルーヴって
すごいなー、母は偉大、とか思っているので
それに引きずられるかもしれませんw



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/357-d3f71fb8