2011.01.23

ミエスクが亡くなったそうです。

27歳、老衰とのことで穏やかに受け止めております。

ブリーダーズカップを連覇したのが1987年と1988年。
孫の(息子の産駒)エルコンドルパサーが亡くなって久しいですしね。
日本的には大往生、でよいのでしょう。



Youtubeでその2つのブリーダーズカップを観ましたが
87年のパフォーマンスが充実している印象でした。

レース展開はいたってシンプル。
好位の内から、4コーナーの出口で逃げ馬の内を突く戦略。
ペースが厳しめだった分、突き放す姿に凄味を感じさせます。

その4コーナー。一瞬、逃げ馬に内を閉められそうになりますが
あの状況から抜け出してきたところに
怯まないメンタルとしなやかなフィジカルと見て取れました。
画的に地味な場面かと思いますけれど。

直線独走する、その脚さばきの柔らかさは
旧4歳春の頃のエルコンドルパサーをちょっとイメージさせる感じ。
まだ、パワーが十分に備わる前のエルコンドルですね。



合田直弘さんのブログに記事が上がっています。
弔意はこのくらいシンプルがよいのでしょうね。


日本競馬への影響力の大きさに感謝しつつ。
お疲れさまでした。



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/367-e8dc9891