2011.02.20

生き残った者が強い、と言ったのは岡部さんだったでしょうか。

カネヒキリ、ヴァーミリアン、サクセスブロッケンの引退。
エスポワールシチーは遠征からの回復が遅れ、
スマートファルコン、テスタマッタは戦線離脱。

昨年からのダート戦線の推移は、世代交代も加味して
サバイバルの様相でしたから、まさにその言葉通りの流れに。

消去法でトランセンドじゃね、というフェブラリーSでは
JCダートの価値がむむむむだなー、と思っていました。
そりゃ生き残った者が強いんですけどね。


そのトランセンド。
ドバイWCへのステップと位置づけました。

正直、オールウェザーへの適応はむむむむな印象なのですが
JCダート以降、動きが良化してきたという報道。
追い切りでもフォームに軽さがでているような。
充実期、で間違いないと思われます。

問題はコース適性とみています。
みやこSもJCダートも、トランセンドに向いたレイアウトという印象。
府中の直線を押し切るパフォーマンスができるのか。

レパードSを観た時に自分がイメージしていた上昇カーブからすると
これまでのパフォーマンスよりもう少し上がある、と思うんですけどね。


もちろん、簡単にはいかないと思います。
鍵を握ると思われるウマが参戦を決めましたから。

フリオーソ!フリオーソですよ!出てきてくれました。
参戦を決めた陣営に感謝。これで面白くなりました。

鞍上の交代は残念に思っていますが、
トランセンドとの主導権争い、という視点で予測すると
強引なハイペースの可能性はこれでほぼなくなったでしょう。
どちらも、スタートダッシュで争うタイプではないですから。

おそらく中間ラップをあまり緩めず、
総合力、スピードの持続力を問うレースになるでしょう。
そうしたほうが双方とも有利に働くタイプのはずですので。

地元での追い切り映像。
小回りコースの大外をぶん回すド迫力デモを敢行していました。
ただ、こちらも以前よりもフォームが素軽い印象が。

カネヒキリとの一騎打ちの頃はもっとパワータイプだったと記憶しています。
その心象を根拠にするので当てにならないかもしれませんが
※追記:ここまでの2行はアジュディミツオーと混同してますね。失礼いたしました。
東京大賞典を2分台でまとめたことが、よりスピードが問われるレースへの適応に
プラスに働くかもしれません。



その他、追い切りでよく見えたウマー。

オーロマイスター、ダノンカモン、バーディバーディ、ライブコンサート。

セイクリムズンは悪くないのですが、前走がピークかな。
ラスト1ハロンの息遣いにちょっと物足りなさが残りました。

シルクメビウスは鞍上の姿勢が心地右に傾くシーンが。
どこかかばっているフォームでなければいいな、と。

メイショウタメトモも元気なのですが
パワーもストライドもG1では足りないかな。

テツニーも元気いっぱい。超一本調子でしたw
いやいや、ディスっているのではなく生粋のスプリンターってことで。



展開的には、2強をどれが差せるか差せないか、というイメージ。
パドックで適宜補正して、楽しみたいと思います。

えぇ、府中へ繰り出す予定ですよw

馬場のチューニングを肉眼で確かめないと
すべてがブレてしまいますのでw



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/375-823b6f0d