2011.02.28

外差し決着の中山記念は、いつ以来でしょうか。
ヴィクトワールピサ、横綱競馬でございました。

おかげで書こうと思うことが少ないですねーw
ここまでも、これからの航路も順風満帆という印象です。

強いてあげるなら得意なコースを再び走ったこと、くらいでしょうか。

メイダンと中山のギャップに一抹の不安を覚えますが
ロンシャン→府中→中山、で成績を上げていったウマですからね。

4コーナーを捲くる際の中継アングルは、
ディープインパクトの有馬記念を思い出させました。
フジのカメラ位置が変わらないせいもあるでしょうけどw

改めてドバイが楽しみになりました。
まずは順調に。順調に。



リーチザクラウン。

戦前のコメントから結果より内容、というほのめかしがあった通り
後方で折り合いに専念する、というより
末脚をきっちり伸ばすトライアルに徹した印象です。

簡単ではありませんでしたね。
スタートでいきなりつまづいてましたし。

あとはヴィクトワールの動向。
1コーナー過ぎで落ち着きかけたところに外からヴィクトワールが。
併せられた分エキサイトする格好に。
だいぶ折り合いに苦心しているようでした。

ただ、それでも伸びてきましたね。
上がり34.0はヴィクトワールとコンマ1秒差。

直線立ち上がりのコース取りはヴィクトワールの真後ろでしたが
遠心力で膨らみ気味だったヴィクトワールと
アウトインアウトでロスなく回ったリーチ。

直線のヴィクトワール。鞍上の、重心とのブレはそれなりに大きく。
鞍上のリードはリーチのほうに分があったように見受けられました。

まぁ、裏返せばウマの実力差が、ともいえるかなぁ。

リルダヴァルに引っ掛けられたにせよ、
キャプテントゥーレのパフォーマンスはタイム、内容とも
十分なものだったという印象。

内枠先行が有利な開幕週で
この芦毛の皐月賞馬をハナ差まで追い詰めたのは
かなり評価してよいのではないでしょうか。

春の目標。秤にかけているコメントも聞こえました。
陣営のジャッジを尊重する前提で、個人的な見解を。
府中のマイルより仁川の中距離で見てみたいですーw

まだ勝負服は見慣れてこないんですけどね。
次走以降、期待してみようと思います。

前半の折り合いだなーやっぱり。





最後に。

世間を賑わせているらしい、騎乗停止30日の件。

パトロールフィルムが遠目からの映像なあたりは
大相撲の八百長問題の最中ですからね、JRAも過敏になったでしょうか。

Yahoo!ニュースやnetkeibaの書き込みを見ましたが、
八百長だという端的なコメント、
疑われてもしょうがないというコメント、
あの接戦の中でどんな八百長が可能だろうかという反論、
そして、鞍上の技術への不信。

自分の見解はそのどれでもなく、端的に
勝利への確信が2完歩早かっただけ、と受け止めています。
軽率だったということが「油断騎乗」という裁定になった、という見立てです。

本人のコメントとは齟齬がありますが
パトロールフィルムの限りでは矯正をしているようには見えませんでした。

うれしかったのだろうと推察されますが
油断大敵、というオチが妥当と思っております。

勝負に対する姿勢という意味では重大ですが
社会問題として大騒ぎする話ではないでしょうから。
みなさん、落ち着いて。



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/378-28b9c653