2008.05.11

…「まいる」が「参る」と変換されちゃう時点で
とっくにダメダメだったのでしょう~w
参りました。考えすぎました。

ファリダットとサダムイダテンに手を出してしまいました。
POGでファリダット指名だったこともありますね。


先手を取りたいウマ同士、速くなりすぎないようにという
色気を出し合って、結果緩みきらないミドルペースかなと読んでいました。

ラスト3ハロンが均等に、それぞれ11秒台後半で推移するなら
ゴール前でその2頭の出番があるかな、という読みでしたが…。

4コーナーでゴスホークケンが軽く息をいれちゃってからが誤算。
直線の坂では11.2のラップタイム。
いや、ここで抜け出した上位3頭はさすがです。
人気上位馬のレベルを少し低く見積もっていた点が
個人的な敗因、でしょうね。

結果論ですが、ファリダットはためすぎ&外まわしすぎでしょう。
先を見据えて大事に乗ったということ?淡白な進め方と映りました。
サダムはそれ以前。能力から考えれば迷走ですね。
ディープスカイのようなレースをすると思っていましたが。


ディープスカイはきれいなバランスになっていました。
パドックでの姿はいい印象でしたね~。
お父さんより前後のバランスがきれいだと感じます。
今回は展開による取りこぼしかな、なんて邪推をしていましたが
ごめんなさいでした。強かった。




で、以下、気づいた点。

今回のレースと、昨年のヴィクトリアマイルの映像を
続けて見てみてください。
勝ち馬の位置どり、進め方が似ているように感じます。

ペースが違うので、何番手で進めるかという前後の位置に違いはありますが
道中、好位の内を追走し、4コーナーの出口で軽く膨らんでいく。
(もちろんその外にいるウマと後続は、それより外にふられます)

直線。馬場が荒れて内から数頭分がぽっかり空きます。
そのぎりぎり外。
距離ロスが少なく、馬場の比較的よいところ。
勝ち馬は両レースともそこを通っています。

直線でそこをスムーズに取るためには
少なくとも馬番はひと桁でないと厳しいように思います。
直線で内が荒れてきたときのパターンになるかもしれません。


改修前の東京では、なかった傾向でしょう。

…とっくに気がつくべき?こころします。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/38-c7693d75