2011.03.27


リスポリ、見事な騎乗でした。

スタートをそつなく決めて、出し入れの少ないスムーズな追走から
直線は逃げ粘るダッシャーゴーゴーをとらえるだけという
キンシャサノキセキにとってはシンプルな展開になりました。

2つ前の四国新聞杯は、1~7着に1~7番が入着。
内枠有利というトラックコンディションを
きっちり活かした格好ですね。

レースラップは、12.1-10.8-10.7-10.7-11.4-12.2。
最後の脚色のにぶり方を見ると
道中の追走が厳しかったことが伺えます。

厳しかったからこそ、余分なアクセルもブレーキも踏まなかったことは
鞍上のファインプレーだと思っています。

勝利ジョッキーインタビュー。
なんか日本人ジョッキーのような表情と受け答えに見えました。
短期免許は現場になじんだ頃に期限を迎えるのでしょうかね。
また見たいと思わせてくれております。


史上初の連覇。
確かに記録上は連覇ですが、中京と阪神ですからね。
スプリンターズSを獲ったと考えたほうがよいのかなw
お見事でした。




ダッシャーゴーゴー。

鞍上の気持ちがはやったと受け取っています。

外枠を考慮して少し早めに、という点と
キンシャサよりも前に位置取りたいという意思もあったでしょうか。

キンシャサが理想的に好位から進めた時点で
これに先んじる戦略なら切り替えてもよかったかもしれません。

パトロールフィルムで見る限り、3コーナーへ入りかたが
鋭角になっているようでした。
ジョーカプチーノはその直後で進路をカットされた格好に。
これがアウトととられました。

積極的な先行策が裏目に出た、と理解できる一方、
周囲に対するセンサーが足りない印象。
勝負への執着とは別の、少し引いた視点が必要になると思っています。

…なんか自分に向けた言葉のようでもありますがw


仮にあのままきれいに3コーナーを回ったとしても
直線手前で先頭に立たざるを得ない展開。
いずれにしても直線ではキンシャサの目標になっていたと思われます。

枠順が逆だったら結果も変わっていたかもしれませんが
それはたらればですね。



ジョーカプチーノ。

3コーナーの進路カットがすべてでした。

事前にトレーナーのインタビューを読んでいましたが
これまでのレースぶりが示す通りギアがひとつしかないようです。
愛すべき突貫小僧ですねw

そのワンギアが途中で減速を強いられたわけです。
まして勝ち馬は4コーナー3番手から押し切っていますので
いったん離される形は致命的でした。

もまれる展開を経験したことは次走以降に活きるでしょうか。
この後のローテーションが想像しにくいですが(休養?)
期待して待ちたいと思います。





…ドバイの話も書こうと思っているのですが
少し熱が引いてからにしますw

おかげさまで映像も観れましたので、ご安心いただければw

改めて、書きたいと思います。



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/385-79c15af4