2011.04.10


レーヴディソールの戦線離脱からこちら、
今年の牝馬クラシックはまったく異なる景色になっています。

ただ、明日の桜花賞に限っていえば、
混戦といわれるほどではないような。
と思っていたらBS11で丹下さんが同じことを言っていてがっかりw
いやびっくりw



ホエールキャプチャの仕上がりはちょっと抜けている印象です。

阪神の外回りで強い差し馬が8枠。
他馬に邪魔される心配はなさそうです。

最大の敵はペースと馬場でしょう。

今年は同じ阪神1600mで行われたニュージーランドトロフィー。
1~8着までが1ケタの馬番でした。

前後半のラップは、48.1-46.4。
終始馬群の外を回したラトルスネークが
上がり33.6で10着。勝ちウマとはコンマ5秒差。
能力がスポイルされたと考えるほうが自然と映りました。

内枠先行馬が有利な馬場状態を示していると言ってよさそうです。
ホエールが負けるとすれば、
このラトルスネークの展開に嵌ってしまうときかなと。

カレンチャンで内々ぴったりを回って
前日の阪神牝馬Sを制した鞍上ですからね。
そのあたりは当然頭に入っているでしょう。

おそらくは馬群の外目、中団を追走するだろうと
イメージしてはおりますが、さて。



相手関係はなかなか。
追い切りの動きとこれまでのパフォーマンス、そして枠を加味すると
デルマドゥルガー、ダンスファンタジア、
マルセリーナ、ライステラス、メデタシ、あたりでしょうか。

ハブルバブルが評価しづらいのと
ダンスファンタジアが後傾ラップ(=スローの上がり勝負)で
結果を出していないあたりは
もう少し検討しないといけないですが。


あとは、ここのところの阪神芝。
残り600mからが最速ラップになる傾向があるようで。

ラスト1ハロンに生じる失速を
どれくらいパワフルにしのげるか、という点も
取捨の条件に加えようと思っています。

週末を迎える前まではファルブラヴを
まとめて外す魂胆だったのですが、
こうして考えを積み重ねて、少し迷いが出始めています。



ホエールの取りこぼしまで考えないといけないかなー。
それは少し引いてしまうなー。

かなり絶対視できると踏んでいたんですけどね。
馬場状態は見極めなければいけません。
こわいのは某動物愛護団体だけかなと思っていたんですけどねw
ホエールだけにねw




最後に。桜。

当日気温が上がれば、8分咲きにはなるかな。
そちらも期待しています。
見栄えも大事にしたいですので。


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/388-ff7f7eba