2011.05.06


2年振りの現地観戦でした。

馬券が買いづらい印象がなかったのは
動員がそこまでなかったせい?でしょうか。


さくっと寝ないといけませんのでポイントだけ。


エスポワールシチー。

本命でした。

あとあと振り返ると強めの追い切りが足りてないとか
パドックでの歩幅がいつもより詰まっていたとか
きっちり評価を下げるべきサインはあったんですけどね。

返し馬の動きと調教の本数を重視してしまいました。
出遅れた瞬間に、自分の見込み違いを察した次第です。

1コーナー手前で戸崎が戸惑うように振り返ってましたね。
はぁ。。。

強いて言えば、出遅れていなくても
控えるケイバを試すつもりがあったかもしれません。

帝王賞での巻き返しは仕上がり次第、と思っています。



ラヴェリータ。

鞍上のヘッドワーク恐るべし、という印象です。

前走で砂をかぶるのをいやがる素振りがあった
という背景もあるでしょうが
このメンバーで差し勝負では勝ちがない、と考えていたように思いました。

マイペースだから残せたとも、フリオーソがかわいがった分とも
受け取られている2着のようですが
それなりにパワーを要する馬場とラップタイムを見る限り
十分なパフォーマンスと映っています。


ただ、スタートから仕掛けていった先にあったのは
帝王賞のシミュレーション、であったようにも。

スマートファルコンの鞍上は、ラヴェリータで勝負しつつも
今日のペース配分に対するフリオーソの脚勢、という目算を
手にしたように思います。

単にラヴェリータを犠牲にしたなら批判を受けるべきでしょうが
これは有力馬に乗り続けるアドバンテージ、と理解してよいと思います。



フリオーソ。

かわらずの好馬体、好仕上がりが勝利につながった格好です。
やはりパワーの要る馬場でこそ、ですね。

帝王賞に向かうでしょう。
大井の馬場は軽さにシフトしているでしょうか。




…なんか、どちらにしてもダイオライト記念のラップ構成に
ちょっと圧倒されたまま、なんですよね。

向こう正面からラップを上げられたまま
セーフティリードを取ってしまう展開。
あの変則的な前傾ラップに対抗できるウマが
見当たらない気がしてきています。

絶好調ですしね、スマートファルコン。


あら、かしわ記念の書き込みなのにw



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/397-f87c47ba