2011.05.09


グランプリボスの単勝オッズが4.6倍。

終わってみると、これを2倍台にできなかった
ファンの評価に問題ありでした。強かったですね。
はい、自分の予想も問題ありでしたw


フォーエバーマークが作ったラップ。
鞍上の信頼感の分?前走桜花賞より厳しい内容になったでしょうか。
絶対行くと言っていた1枠リキサンマックスが逃げを諦めましたからね。

2ハロン目を除くとラップの高低差が最大で0.6。
平均的に早いラップから、直線を目いっぱい使ってのロングスパート。

懸念どおり引っかかるなら、とか
急加速ラップがどこかで必要になるなら、とか
様々な邪推をいたしてしまいましたが
むしろグランプリボスには適した展開になったと映りました。

あーいやいや、これをしっかり伸びきってフィニッシュできるのですから
単に展開が向いた、ではなく
総合力で一枚上手だった、という印象です。


出遅れたリアルインパクトが内を捌いて3着。
確信犯でスタートダッシュを捨てていたコティリオンが2着。
4、5着はともに切れ負けしないための先行策で差されていますからね。

6着マイネルラクリマが先週のトウカイトリックだったわけで
これ以外のウマは、実力不足か能力のスポイルのどちらか、なのでしょう。


このあとの英国遠征。
実現すれば相当野心的な挑戦になりますね。
セントジェームスパレスSかー。

向く向かないはフランケルの出走次第でしょうか。
2000ギニーは映像を観る限り完璧に前傾ラップでしたから。
なんというか、武豊スマートファルコンなタフさでしたよw

サクラバクシンオーがロイヤルアスコットで勝利するなら。
ウイニングポストみたいですけどねw
いやいや現実にしましょう。




一頭だけじっくり書いておきます。


ヘニーハウンド。

というか、その鞍上。
厳しい見解ですが、初来日の鞍上に
G1出走をプレゼントしただけになってしまったと映っています。

土日通しての騎乗内容。人気薄への騎乗が多かった、など
エクスキューズは可能でしょうが
スタート、ペース判断、直線の追うリズム、どれをとっても
あまりよい印象がなく。

強いてあげるならプリンシパルSですが、これも
最後方から直線外を回しての掲示板確保ですから
ウマの能力を邪魔しなかった騎乗、という印象ですし。

日本のケイバを経験していない状況での騎乗依頼。
どこかしら魅力があったのかも知れませんが
まずは適性を見極めてから、でよかったのではないでしょうか。


肝心のG1も、出遅れから気合をつけて挽回。したと思ったら
そのまま引っかかってしまい、それを押さえ込めないまま
レースが終わってしまいました。

他のジョッキーだったら勝てた、という論法ではなく
他のジョッキーに与えられるべきチャンスだったのではないか、と
感じています。


ウマの話。
この一戦では見限れないと思っています。

パドックも先々が楽しみかつ好仕上がり、という
見栄えのよいものでした。

マイルへの距離延長に不安の声がありましたが
折り合いに問題がなければマイルの方が適性があるかもしれません。
むしろこの一戦をきっかけに
折り合いの付かないタイプにならないか、が心配です。

好素材、秋以降かな。

今回単勝を見送った分も、楽しみにしたいと思います。


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/398-e2d99113