2008.05.18

懸念の通り、差し届かずのウオッカ。
ただその内容は、なかなか深い(もとい、深読みの可能な)ものでした。


直線入口。武豊は外に進路をとりつつ
レインダンス、ベッラレイアと前の壁を変えつつ脚をためていました。
坂の入口でそのさらに外に出し、前の壁がなくなってもなお
残り300mまで追い出しは我慢されていました。

その我慢した登坂ラップ(残り400m-200m)が11.0。これはレース全体のラップですから
ウオッカ自身はそれを上回る加速で前に迫ったことになります。

直線で問われたスピード能力は3ハロン(600m)の持続力ではなく、
1ハロン(200m)以下のスプリンター的な加速力だったでしょう。
今日のレースは、ダービー馬ウオッカよりもスプリント能力に優れた2頭が
1、3着したのだと思われます。


そのなかで武豊が追い出しを我慢したのは何故か?

近走、ウオッカはゴール前で他馬と同じ脚色になることが多い印象があります。
ドバイにいたっては、ラスト100mは失速気味でした。

そうしたレース運びになれてしまうのは
ゴール前で力を抜くという、競走馬としては誤ったメッセージを
ウマに伝えてしまうことになりかねない、としたら。

…戦前の予想通り、スローペースのまま流れた前半。
1000m通過が60秒ジャストは、マイルG1としては遅すぎでしょう。

ジョッキーは、この展開の中、折り合いの難しいウオッカを馬群で我慢させた上、
さらに追い出しを我慢し、決して最善でないスプリント能力を引き出しつつ
スピードを乗せきった状態で勝ち切るという
難しい課題にあえてチャレンジしていたように見えました。

ゴール前の加速のイメージや、折り合い面など、次走以降のウオッカへの影響を見据えた時、
これは立ち向かうべき課題だったのではと推測します。



勝ったエイジアンウインズとの差は、レース中に課さねばならない
課題の差なのでしょう。
その意味で負けは負け、なのです。

逆を言えば、レース中にそれだけの課題をクリアしてなお、
勝負に加わる武豊というジョッキーの、能力と執念を見た思いです。



馬単でウラを押さえて当たりはしましたが
的中のうれしさより、今後のウオッカの動向が気になるばかり。

いまのところ、安田記念にしても、宝塚記念にしても
鞍上に武豊はいない見込みなのですから。


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/40-4ab4318e