2011.05.15


見事なレースでした。

外からやっぱり最強の2頭でしたね。

オウケンサクラが軽快に行き過ぎたことで
後続はこれを少しずつ早めに追いかける展開に。

結果としてチャンピオン決定にふさわしい、
厳しい前傾ラップとなりました。

そのレースラップです。
12.0-10.6-10.9-11.1-11.3-11.6-12.0-12.4。

久しく見ていないラップ構成です。
2ハロン目から徐々にラップが落ち続ける、
息を入れる間のない展開が数字にも表れていますね。

直線の登坂。いっぱいいっぱいのオウケンサクラを
ギリギリまで仕掛けずにひきつけた
レディアルバローザの鞍上の判断は、ラップを見る限り
正解だったといえそうです。


1、2着の勝敗を分けたのは、マイル適性の差と
鞍上の判断だったかな、と思っています。

ブエナビスタの4コーナーの回り方は見事でした。
アパパネのそれをなぞるようなコーナリング。

ただし、直線に向いてからの瞬間的な脚に差が。
積極的に仕掛けていったアパパネとの
登坂前に開いた差。

息の長さでゴール前差を詰めていきましたが
交わしきるまでにはいたりませんでした。

以前ブエナビスタをステイヤーと表現しましたが
アパパネのマイル適性にわずかに及ばなかった、と捉えています。

脚色を頭に入れているという点で
継続騎乗の差もあったかもしれませんね。

はい、ブエナビスタ本命でしたw



いやでも、上位3頭のいずれかを本命視できていれば
十分満足できる内容だったのではないでしょうか。

上位3頭のどれを重視するかは、その人の性格や
そのときのテンションが出そうですねw



それぞれ、次走はどこになるでしょう。

アパパネは安田記念、ですね。明言しているようです。
もう海外を目指して欲しいですけどねー。
欧州マイル戦線、いかがでしょうw

ブエナビスタは宝塚記念、ですね。
もうマイルを走ることはないかなー。
それにしても春は適した条件のレースがないのでしょうね。

レディアルバローザは、距離適性を探ることになるでしょうか。
今の充実度でどこを目指すか、陣営のジャッジが楽しみです。
鞍上は引き続きで。



…何といいますか、これだけキリッとしたレースだと
馬券が外れても爽快感が残っていいですね。

さぁ、次は樫の舞台。
実は春G1に限ると全敗だったことに気が付いているのでw
そろそろ当てたいとも思っていますw


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/400-b6b69a06