2011.05.18
ランフランコ・デットーリ、日本ダービー騎乗の一報。
すてきです。素敵すぎます。

皐月4着のデボネアに騎乗とのこと。
ダーレー所属ということは、
こういうサービスがあり得るのですねーw

実現すれば、ウィジャボード以来の来日、ということは
ディープのJC以来だからだいたい5年ぶりですか。
えぇ、もちろん現場におりましたよw



フランキーと聞いてぱっと思い出すのは
イーグルカフェのJCダート。

アドマイヤドンとゴールドアリュールがそろい踏み、という
いまから振り返るとゴージャスな対戦ですが
勝ったのはフランキー。

レースぶりを言葉にすると内からスルスル、という
表現になるのでしょう。が、
何度映像を見返しても、どうして勝ったのかまだよくわかりませんw

中山の代替開催。えぇ、現地におりましたよw
もうわけがわからず、テンションだけ高かったのを思い出します。

どうしてあんなに終始手ごたえがよいのだろう、とか。
その年のそれまでの勝ち鞍、七夕賞ですからねw

フランキーマジック、5割増!という感覚値は
自分の心に良性のトラウマとして生きておりますよー困ったもんだー



デボネア。京成杯、弥生賞、皐月賞と
異なる内容で着順の崩れが少ないですからね。
鞍上のリードにも幅がありそうです。

どんな手綱さばきになるでしょうねー。
ダービー、楽しみが増えました。


追記:
うわー、デボネアの母父シングスピールだーw



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/401-8c67886c