2011.05.28


金鯱賞のルーラーシップ、やはり1頭抜けていました。

1番人気とはいえ単勝2.8倍に「留まった」のは
雨の道悪、外差しにシフトしていく馬場状態と
大跳びのストライド走法のアンマッチに不安があったのでしょう。

おまけにあの出遅れw

ゲートの瞬間はいったんあきらめましたがw
そのあとの落ち着いたエスコート。こちらは見事でした。

鞍上には有馬記念のイメージがあったでしょうか。
1頭だけ馬群とは違うペースでレースが展開していましたね。

ストライドと排気量の大きさで
確勝の逃げ馬を捉える姿はクロフネのNHKマイルCのようでもあり。

キャプテントゥーレのお釣りを残さない逃げは見事でした。
その分勝ちウマの強さが光ってしまいましたが。

そして残念ながらアーネストリーは完敗でした。


そして勝ったルーラーシップ。

あのゲートは対策をとる必要があるのか、
そして気性面、ストライドという点からも
馬群の中で我慢することができるのか。
今後に向けて、大きく課題は残っていると見ています。

同じレース展開しかできないのなら
信頼に足るものとはちょっと思えず。
春のグランプリ、出てくるなら台風の目ですね。


あとは、アンライバルド。
ピンナの騎乗は納得いくものでした。

あのペースを先行して、直線入り口まで見せ場を作って
掲示板に残しましたからね。

幹細胞移植による長期休養明け。
もともと豊富なスタミナを武器にしているウマではないですからね。
これを叩いて復調していってくれればと期待しています。

まずは、無事にレースができてよかった。
よく戻ってきてくれました。





目黒記念はキングトップガン。

51kgの軽ハンデ、渋っても内の伸びる馬場、
切れ負けしても折り合いの付くウマに横山典弘ですから
自分としては狙いやすかったです。


ある意味では目の前のレースに集中していなかったかもしれません。
レースを見ながら、明日への馬場読み。
どうしてもその発想になりますね。

括目すべきは、上がりのラップ。
残り600mからの坂下の1ハロンが、最速の11.4。
これがいまの府中の馬場が担保できる限界のような気がしています。

先行勢は比較的リズムよく行けたと思いますが
決してゆるい流れでもなかったでしょう。
その展開で、上がり3ハロンは11.4-12.1-13.2。

ラスト1ハロンの失速があっても後続が差せない馬場、ということは
少し頭に入れておく必要がありそうです。

…そもそもメンバー的にどうだろう、というツッコミはもっともだと思います。
ダービー出走馬との端的な比較なら危ういですね。

ちなみにメンバー最速の上がりは、後方一気のマイネルアンサー。
35.7のパワー差しでハナ差の6着でした。

あ、マイネルアンサーへの揶揄ではなくて
もう少し骨っぽいメンバーと内容を求めたく。

目黒記念の存在意義、みたいなことも考えちゃいますね。いまさら?




さて、日本ダービー。
これから各馬の評価を整理しておこうと思います。

当日の馬場の変化に適切に反応できるような準備を。
ロジユニヴァースの時はどしゃぶりになるにつれ
思考停止になってしまいましたからw

同じ轍は踏まないようにしないと。

…踏みそうですなーw



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/408-e0cdddf1