2011.05.29


台風2号が接近中です。

金曜には関東地方、梅雨入りとなりましたしね。。。

夜にはいって東京の雨足は落ち着いてきています。

日曜のレース、馬場への影響は未知数ですが
土曜のレースを見る限りは、
Cコース替わりが内々の馬場状態を保っている格好。
内枠と先行有利のままダービーを迎えそうな印象があります。

という前提に立ちつつ
いまいまの着眼点を書いておこうと思います。



オルフェーブル。

馬場の悪化を除くと、死角らしい死角は
スタンド前からの発走でテンションが上がりすぎる懸念、くらいかなと。
追い切りも十分な内容と映っていますし。

前走に近いイメージで臨んでも違和感はなさそうですね。



サダムパテック。

母父エリシオだし距離は大丈夫、という趣旨の関係者コメントが
報道ベースで確認できましたが
問題は折り合いとゲートだと考えています。

前向きな気性は決してマイナスとは思っていませんが
皐月賞の向こう正面でも、かなり鞍上の足はつっぱっていましたしね。

これに加えて出遅れ気味になった場合、
1コーナーから向こう正面あたりまでの折り合いのため
あるいは位置取りを下げてしまうかもしれません。

全く問題ない可能性もありますが
内枠がアダになる懸念をもっています。



トーセンラー。

また外を引いてしまいました。
というより、今回は(今回も?)馬場が味方しない印象です。

追い切りは万全ですし、なにより
きさらぎ賞の末脚が頭をよぎるんですけどね。



ナカヤマナイト。

まだ評価し切れていません。
皐月賞は休み明けだった、というエクスキューズで
今回の上昇度を評価すべきなのか。

鞍上のインタビュー。終始飄々としたトーンでしたが
かえって不気味さがあり。

…皐月賞同様、ステイゴールドの取捨に悩んでいることになるのかw



デボネア。

ダーレー・バブルの予感があります。

この中間、コース追いができるようになった、という
状態の急上昇を示唆する報道が目立っていますが
強すぎるオーナーシップがあるような気もしていまして。。。

前走の結果は鞍上の繊細なチューニングの賜物でしょう。

フランキーは自身のパフォーマンスを貫くでいいと思っています。
見たいですしね。ただ、なにぶんウマが未完成。
ゴドルフィンブルーの期待を一身に背負うには
少々酷な印象を持っています。



ショウナンパルフェ。

このウマの挙動が展開のキーを握るようなイメージを持っています。
直線で他馬の目標になるリスクを負ってでも、前々で運ぶなら
面白い存在になると思っています。

追い切りもいい内容。順調な上昇曲線を描いている印象です。

乗り替わりがどうでるでしょう。
武豊やフランキーとの先行争い?どうなるでしょうね。

その鞍上。土曜は仕事きっちりで3勝していますし。
府中の馬場読みはうまくいっているようでした。



トーセンレーヴ。

最も評価が難しくなっています。。。
馬場が味方して好走するケースも
前にウマをおけず折り合いに苦心しながら惨敗するケースも
考えられると思っています。

外枠を理由に切ってもいいんでしょうけどね。




…いろいろイメージを巡らせているうちに
夜が明けてきましたw

展開と馬場を絞り込んでも、何頭かの候補が残って
最後はキメで選び出す必要がありそうです。

そこはまさにギャンブルでしょうね。
好み、ともいうかもしれませんw



いまのところ雨は落ち着いているようです。

予想は、現地での細かいチューニングをしたうえで。
相変わらずですが、直前まで悩もうと思っています。

なんとなくですが、当たるか外れるかはともかく
パドックで自分なりの腑に落ちる答えがでるような気がしています。

ほんとかねw



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/409-dd0829a3