2011.06.05


ビューティーフラッシュの追い切り。
かなり挑発的な内容でした。

G1のスタート地点にゲートを置いて
ゲートを出るところから4ハロンほどギャロップ。
スタートダッシュを見せ付けるようなデモンストレーション。

クルーズ師は、他馬のことは気にしていない的コメントを
残していますが、いやーそんなわけないでしょーw

シルポート、ジョーカプチーノ。
先頭を伺うタイプへの牽制球としては十分だったかなと思います。

シルポートは鞍上もスタッフも積極策を宣言。
ジョーカプチーノは展開次第で、という条件付きで積極策を匂わせています。


結局はゲートを出てみないとわからないわけですが
一番主張するのはシルポートのような気がしています。

オーバーペースは好まないでしょうから
好位追走の可能性もありますが
ペース配分より、位置取りとしてハナが理想的という
陣営の考えがもっとも強い気がしています。



問題はビューティーフラッシュのひとつ内に
1番人気アパパネがいること、と注目しています。

アパパネ自身は出負けするタイプではないので
大きな懸念材料にはならないかもしれませんが
いったん前に入られる展開にはなりそう。

スタートで位置取りを下げてしまい
外々をまわされた場合、それでもねじ伏せられる
相手関係かといわれると。。。

ただ、そこそこのペースで引っ張ってくれることは
アパパネ向きと思っています。

追い切りも十分でしたしね。
週末にかけて天候が好転したことも大きなプラスと見ています。

土曜のBS11の、細江さんのコーナーでも取り上げられていましたが
アパパネ自身も、陣営の雰囲気もよさそうです。

Loveシャッター、というコーナーのタイトルは若干アレですがw
細江さんの取り上げ方はいいバランス感をもってますね。
続いて欲しい切り口ですよ。



あとは内枠を利するスマイルジャック、クレバートウショウ。
上昇ムードのダノンヨーヨー。
追い切り内容からエーシンフォワードとビービーガルダン。

逃げ争いの3頭とこれらのウマから
絞り込んでいこうかな、と思っています。

…まだ多いですねw



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/412-12515def