2011.06.27


アーネストリー、見事なG1奪取でした。

ひとつ前の尼崎Sは、直線、内側が掘れる感じで
パワフルにマゼランが押し切る内容。

アーネストリーのパワーが活きそうだなとは思っていましたが
まさかレコードとは。。。

レースラップは以下。
12.3-10.5-10.8-12.7-12.4-12.1-12.1-12.0-11.5-11.7-12.0。
ポイントは10.5-10.8の2、3ハロン目だと思っています。

3ハロン目に11秒台に落ちなかったことは、スタートダッシュから
ペースが落ち着くまでに時間がかかったことを示しています。

スピードもスタミナも問われる、という意味で
最近レベルの高いレースでは時々見られる傾向、と思っていますが
こうなると後続は、先行馬を深追いしない選択をして
早めにスタミナの温存を図りがちに。

一方、今日の逃げウマ、2番手のウマは、
スタートで少し長めに脚を使った後
セーフティリードを確保してからペースを落とす戦略。
4ハロン目、一気に2秒近くペースが落ちました。

アーネストリーがその後のラップを緩めずに進めましたから
この時点で後続の勝ち目はほとんどなくなっていたようです。



グラスワンダー産駒による春のグランプリ制覇。
しかも2着はスペシャルウィーク産駒というお膳立て。

ただ、デジャヴ感が少ないのは
アーネストリーがあんまり親父似ではないせいでしょうか。
ワンダーの仔は似ていないほうが走る印象があります。

傑出した2頭によるしのぎ合い、でないことも
父親との重ねあわせがピンとこない要因かな。

一応、以前の記事をリンクしておきます。
1999年有馬記念

血統からイメージするなら、今日の馬場は
キンカメよりもグラスワンダーのパワーが適性に勝った、で
いいように思っています。



後々変わっていくかもしれませんが
いまいまは鞍上の好騎乗、という印象がいちばん強いですね。

阪神で1枠から押し切り。
トレーナーとのおなじみのコンビ。
前者はエスポワールシチー、後者はタップダンスシチー。
脚質からもイメージの輪郭線は重なりやすく。

脚質もペースも、成長曲線、その鍛え方も。
もはや名人芸、といったところでしょうか。



全くの見当違いかもしれませんが
スタートからの所作に秀逸なそれを見ています。

パトロールフィルムで確認しましたが
スタートから3頭分ほど外に張り出していました。
迷いのない挙動からすると、予定通りの所作だったのでしょう。

1コーナーに向けてアウトインアウトしたかったこともあるでしょうが
外に張り出した結果、アサクサキングスの進路を
きっちりシャットアウトできていました。

1コーナーで確実にペースを落とすには
ペースを読みにくくさせる要因を
抑えておく必要があります。

スタートからアサクサの鞍上は手綱を動かしていました。
が、アーネストリーが前にはいったことで
その動作を止めることになりました。

結果的にアサクサの機先を制した進路取りが
戦略的であるとしたら。
もうすばらしいの一言でございます。

どれくらい自覚的だったのか。
これはもう確認のしようがないかもしれません。

細かい動作について水を向けても
手の内をはぐらかしてこそジョッキーでしょうから。
結果的にでも、秀逸には違いないと思っています。



次走は札幌記念から天皇賞。来年に凱旋門賞。
というのが、複数の報道を取りまとめた感じかな。

まぁレース直後のコメントですから
落ち着いてからしっかりとりまとめていただければ。

今年行くことになったら、
本当に厚みのあるチームジャパンになりますね。




さて、個人的な敗因。

ルーラーシップ本命でした。

スタートからパチンコ玉のように
左右にぶつかった後、行き脚がつかないことを確認して
鞍上は手綱を絞ったように見えました。

出遅れないし出負け→外差し→終了、という
戦前に想定した最悪のパターンに
ばっちり嵌っておりましたね。。。

いや、1コーナー後方3番手、という前提から
あのペースであの追走も仕掛けも
妥当な判断と思わせてくれております。
4コーナーのアクセルの踏み方には非凡さを感じましたし。

ただ、スタートからの加速がままならないのであれば
今後も大きなウィークポイントになりそうですね。。。



レース後に反省をかねて、
適鞍はどこだろう、と思い巡らせていましたが
府中ダート2100m、というイメージがw

キミはまだJCダートを府中でやるべきだ、とかのたまうのかねw

でもダート路線、という選択は
あるいはバカ嵌りするかもしれません。

ルーラー秋緒戦。
定石では毎日王冠か京都大賞典でしょう。

個人的には府中に変更となる予定の、
南部杯でお願いしたいと妄想しています。



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/417-f6ad637d