2011.08.05



…あぁ、キャンフォードクリフス、故障で引退のようです。

Racing Postがニュースソース。
Brilliant miler Canford Cliffs retired to stud

記事からすると、つなぎの部分、おそらく繋靭帯かと思われます。
左…、なら残念ながら納得です。


サセックスのラスト1ハロン、右手前のまま大きく左によれていったのは
左前を存分に振り出せなかったから。。。

痛みをかばう力の加減があったのでしょう。
その前提をもって映像を観返すのは、ちょっと苦しいですね。。。


記事によるとクールモアへスタッドインするとのこと。
不幸中の幸い、と思うことにいたします。


でも、陣営には少なからず
アジアサーキットへの志向もあったようですから、なおさら。
淀での走り、見たかったなー。

楽しみが一つ減ってしまいました。
残念です。




そしてフランケルとゴルディコヴァは
クイーンエリザベス2世Sで激突の可能性、との報道。

2011年の欧州マイルキャンペーンはここに収斂しそうですね。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/430-acded800