2011.08.20

今年も無事に夏季休暇を取得。
今日はBS11で、3場の準メインからふわふわと見始めました。

ラブシャッターのコーナーでは
細江さんの「けつ」発言が隙だらけで残念でOKw
キングトップガンへの褒め言葉として妥当ではありますけどねーw

でもラブシャッターのコーナーはそのウマの
性格が掘り下げられて紹介されるので
データが拮抗したときの決め手に使えたり。
司会の合いの手次第で生かすも殺すも、ですね。



今週は、残念な「断念」のニュースが続きました。


ヴィクトワールピサ、凱旋門賞断念。

左の飛節の炎症とのことです。
炎症の原因が何か、は報道されていないようです。

馬事公苑のサイトにPDFがUPされています。
ここに飛節炎の紹介もありました。
馬の病気と健康管理
細菌感染が原因だと重症化するケースもあるようで。

5週間の休養期間が見立てどおりであるか、心配にはなりますね。
あーでも、漫然と怖がっても仕方ないですし
騒ぎ立てるよりは陣営に任せるべきところとは心得ています。
まずは大事ないことを。願っています。

ただ、JCないし香港を狙うでないとしたら
出るべきレースがあるのかと言われると。。。
という逆算の元、引き際を考えるには十分なタイミングかもしれません。
もう一度府中で見たいですね。



アーネストリー札幌記念回避。

左の球節に腫れが見られたとのこと。
コメントからは陣営が大事を取ったと読み取りました。

早ければオールカマーとのことですが、どうでしょう。
根拠のない憶測ですが、秋天直行のような気がしています。



コスモバルク復帰断念。

アイルランドから屈腱炎発症のニュースが舞い込んできました。

サラブレモバイルでは不定期(おおむね月2ペース)で
近況報告のコラムが続いていたのですが
一報があってからは更新がなく。
こちらはしっかりした記事を、じっくり待ちたいと思います。
あわてずでお願いします。

ビッグレッドファームの公式ブログは17日の投稿で
関係者の落胆ぶりを端的に伝えています。
もろもろの記事を読む限り、現地スタッフの心中、察するに余りあります。

もともと10歳での挑戦は無謀だろう、という見解がありますが
その価値を高める可能性を求める姿勢は
一定の評価があってよいと思っています。
ほうらやっぱり無理だった、と言われるんでしょうけどね。

それでいうなら、同じオーナーシップのもと
外厩制度に固執した判断の是非を検証すべきでしょう。
その後、制度と有力馬が効果的に結びついてはいない認識です。

非常に残念なのは、日本初のザグレブの血が
かの地で残る可能性がほぼなくなったであろうこと。
日本のケイバの評価につながってほしかった。

…幹細胞移植?さすがにね。。。

お疲れさまでした、と申しておきます。



アンライバルド引退。

屈腱炎再発とのことです。
オールカマーでの戦線復帰に向けての調整中でした。

半分覚悟はしていました。
いや、科学的にどうこうではなく、兄貴を追いかけていた時の経験から。
気持ちの準備をしておかないとショックが大きい予感があって。

バレークイーンの仔たちは早く仕上がる傾向があるようですし
ネオユニヴァースにも早熟説があるようです。
どちらに対しても思うのは、使える状態ならレースに使ってしまうこと。
結果としてレースでのストレスを跳ね返しきれない状態に陥ってしまうのではないか。

例えばフジキセキもアグネスタキオンも
経験値がない中の手探りとはいえ、初年度は
早くに下して壊してしまうパターンがありましたので。

皐月賞が鮮やか過ぎた、と言うしかないのかな。。。

繋養先は未定ですが、種牡馬入りはできるようです。
2世に期待、いたします。

残念。お疲れさまでした。




紙一重のところでトレーニングを積んでいる競走馬ですから
こうしたニュースはどうしても避けて通れません。

個人的には、無邪気で身勝手な期待を許してもらっている、と受け止めていますので
期待をかけた分は、しっかり残念がる気持ちをだそう、と心得ています。
その種の気持ちの揺れ動きは、大変骨が折れますけどね。

でないと日々の競馬を大事にできないような気がしています。



秋に向けて期待値のあがるニュースもありました。

マルセリーナ、福永で秋華賞へ。
最近の精力的な動きは好感をもって見ています。
あれ、アヴェンチュラは誰になるの?

オルフェーヴル、ウインバリアシオンは神戸新聞杯。
サダムパテックはセントライト記念。
ここにフレールジャックや、
今日の阿賀野川特別を勝ったオーシャンブルーも加わるでしょうか。

ミラクルレジェンド、久々の勝利。
今年からようやく牝馬のJBC。
ラヴェリータ、クラーベセクレタも参戦でしょうか。

グレープブランデーはみやこSから。
3歳ダート路線は間延びしている印象ですが
古馬も含めてJCダートに収斂するならボルテージも上がるでしょう。



…最近書けてなかったなー。
次走はここ、というニュースを観るたびに一喜一憂しているんですけどね。




さて、最後に。

夏季休暇を利用しまして、明日早朝から越後路へ。
新潟競馬場に参戦予定ですー、やたー!!

初参戦がうまいこと重賞に重なってくれました。
レパードS、楽しみにしていますよー!!

ボレアス、タガノロックオン、カラフルデイズなど
秋に向けての布石となるでしょうか。

小雨の予報もあり、なにぶん雨次第ですが
速い上がりをもって中団を追走できるタイプ、を狙うイメージでいます。
先行有利は大前提ですけどね。

がっつり観てきたいと思います!!



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/435-faef1f53