2011.09.10


紫苑S、いいケイバでした。

レコード決着になったのは、あちこちを補修したらしい
エクイターフの賜物と思いますが
開幕週とはいえ決して内々有利ではない馬場。

前々で運んだ人気馬とは対照的に
デルマドゥルガーは中団後方からまくり差し。
鞍上の仕掛けのタイミング、見事だったのではないでしょうか。

単なる強気のジャッジではない印象です。
思い出したのは川田優雅のスプリングドリュー。
…以前書いた記憶がありますねw

…ありました。キャプテントゥーレの皐月賞回顧の記事の中でした。
川田優雅
2006年のニューマーケットC。
いまいまレース映像を観返してみましたが、その際は
内からの抜け出しをあきらめて外に切り替える展開。
タイミングがひとつ遅かったのかな。
結果、ゴール前の猛追になっていますね。

心の癖、とでも申しましょうか。
中山のまくり差しには豪快さを覚えてしまうようですw


勝ったカルマートとは枠順の差、といったんは思いましたが
枠順が逆だったら掲示板もなかったかも、ですね。

単勝は逃しましたが
ゴール前で熱くなれましたので、十分十分。
デルマドゥルガーを狙ったのは会心と思っています。

ちなみに、1:58.2はこれまでの記録をコンマ3秒上回るものレコード決着。
そのレコードホルダーがクリスザブレイヴ!
1999年のニューマーケットCとはびっくり。
おお、こちらもニューマーケットCだw
いまはなくなってしまっているようですねー。



西のメイン、朝日チャレンジカップは
ヤマニンキングリーの単複で。
もう少しだったなー。状態は良いと思っていました。
こちらも直線力入りましたね。

勝ったミッキードリームはねじ伏せるような差し切り。
4コーナーの手ごたえからすると最後までよく伸びてきたという印象です。
思ったより追わせるタイプ?だとしたら
鞍上とは合っているのでしょう。

次走、毎日王冠?
今年は多少手薄なメンバーになりそうですし、有力馬となるかもしれません。
G1までは、うーんどうでしょう。

差しこんで3着のレディアルバローザ。
この秋の目標はどこに定めるでしょうね。
個人的にはマイルでもう一度見てみたいな、と思っています。




さてさて、春先はどうなるかと思いましたが、
秋競馬開幕。

福島のスタンドも心配ですし
荒尾から芳しくないニュースも聞こえてきました。

なんといいますか、荒尾の件は
十分な議論を尽くす前に諦観が現場を支配してしまった印象。
結論ありきの手続きが進んでしまっていたのであれば
厳しい現実ではあります。

個人的には、自治体ごとないし国内だけで
ウマ資源を含めた需給を満たす仕組みに限界がきているという認識なのですが、
ただ、施行の仕組みに言及しすぎて
ファン側の関心もいっしょに磨滅するのでは論外、とも思う次第で。

存廃問題を考えながら馬券を買うのは
エンターテインメントではないと思いますしね。

たくさんの人間が関心と興奮と期待を覚え続けてこそ
その舞台は維持されるわけで。
ばっちりアガれるギミックを望んでいる次第です。

例えば、岩手競馬のしぶとさ。
10/10、南部杯in府中。
結果的に、秋競馬の大きな関心事ですからね。




まずは明日。

セントウルSは川田優雅に期待していますが
休み明けのグリーンバーディーが人気なさすぎるようにも。
(単勝は22時時点で17.5倍)

あーでも、なにより
初キャリーオーバーの行方が気になりますねw


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/439-cf6c0968