2011.09.24


週中に思い立って、あれこれ手配して
熊本は荒尾競馬に行ってきました。
なつかしいCMばりに「そうだ、荒尾行こう」ですねw


羽田から福岡空港に入り、高速バスをチョイス、が若干裏目にw
高速が渋滞して到着がお昼過ぎに。
2レースか3レースからは観れるはずだったんですけどねー。



事前に調べた限りでは、1~2コーナーのカーブがきつく
3~4コーナーは比較的ゆったり回れるとのこと。
そして内枠先行馬が有利。
このあたりを確かめつつの予想になりました。

実際にレースを観たところ、思った以上に1コーナーがきつい印象でした。
1400mだとスタートから1コーナーまで距離があるのですが
外枠からダッシュを効かせて先手を取りに行くと
そのまま1コーナーで膨れてしまうため、
無理にハナを狙うジョッキーはあまりおらず。

その分、1コーナーまでに内側を確保するためのポジション取りが熾烈でした。
特に杉村、西村の両騎手はお見事。

あまり詳しくないのでアレですが、サッカーで例えるなら
肩や足をいれて相手の動きを厳しくけん制するマンマーク、といったところでしょうか。
気の利いたつばぜり合いが観られました。

馬券は5レース買って3勝。
ただし本命サイドで決まるとかなり配当が低いので
メインのちょい荒れがなかったら収支は厳しい結果になっていたはず、です。




しかし、のどかでした。

既報通り、今年の末で荒尾競馬は終了する予定です。

一度は行っておきたい、というシンプルな動機と合わせて
いま現場はどんな雰囲気で開催を迎えているのだろう、という
心配とも下世話ともつかない感情がありました。

ある意味では、真逆に裏切られた格好でした。
まぁー、のどかw

景色はこんな感じです。

荒尾のパドック
パドックですね。出走馬は黒板にチョーク書きでした。

荒尾のスタンド
スタンドですね。2階にあがると潮風が届いていました。


休日だったためでしょう、この景色のそこかしこで
ダダーッと走り回るちっちゃい子。
スタンド最前列で発走を待っていると、トンボが飛んで来たり。

以前、土古に行ったときは、午前中からワンカップと怒号という
「おいおい」な光景を目の当たりにしていたのですが
(たまたまだと思っています、というフォロー)
お客さんも健全な範囲でレース結果に一喜一憂してました。


あげくは、とあるお兄ちゃんから東京から来た競馬記者と勘違いされる始末w
「エイトの方なんですか?」…違うってw


主催者側も淡々とした印象。

パドックでもウマを引きながら
前後の厩務員さん同士で談笑していたり。

レース直前に移動式のゲートをゆっくり出して
行き過ぎて、戻る、みたいな光景もw

手作りの、草競馬の香りがありました。




…一見、よいんですけどね。
帰り際、これが収支以前の問題なのではという思いに至りました。

例えば、空港で職員の方に競馬場までの行き方を尋ねても
明確な返事が返って来ず。

また、荒尾駅そばの高速バス乗り場には、はっきりした
競馬場までの順路が書いてありませんでした。
到着までにハードルがあるというのは。。。

場内のサービスでいうと、画面が映し出すものは、
パドック→オッズ→レース→表彰式、の流れが淡々と繰り返されるのみ。
…まぁあれこれ流しても邪魔になるかもしれませんけどね。


顧客向けにしっかり演出されたサービスがないこと。
というより、なにがサービスになり得るか
手探りしているサインすら見当たらないこと。

レースの命名権は斬新なサービスと思いますが
場内のお客さんに向いたサービスとしては
しっかり咀嚼されていない印象でした。



持ち味であるのどかさが、経営戦略でのピントの合わない面と
表裏一体であるという現状。
なんでもよいからウマが走っていれば馬券が売れる、
とは思っていないでしょうけど。

厳しい見解だとは思うのですが、この状況では現状維持でも難しく
まして発展を見込むのは困難だと思いました。。。



競馬場がなくなることの危機感はわかっているつもりです。
何とか「あり続ける」ことが重要、という思いも持っています。

ウマも箱モノも若年層の関心も。
人口とともに国内需要がゆっくり減退していくことにどう取り組むのか。

改めて目の前にある問題なのだと
考えてしまった次第です。



競馬の後は、博多まで戻っています。
予約できた駅からほどなくのホテルでこれを書いています。

さきほどBSジャパンで、今年の相馬野馬追を取り上げた番組を観ました。

長く続いた祭りが、途切れてほしくないという思い。
一見すると保守的な思いなのですが
これまで続けてきた、コミュニティに共通の枠組み(この場合は野馬追)を保つことが
震災復興のためのこころの拠り所という役割を果たしているようでした。



保つことで前に進むこと。

保つだけでは衰退すること。

適材適所な議論とその実行はとても難しいでしょうね。。。



自分の立場でできることは少ないです。そりゃそうです。
でも当事者じゃないから考えない、というのは違っていると信じます。

まずは現場で感じたこと、書いておきたいと思います。

競馬、続いてほしいですからね。





…さて、そういえば人生で初めて
九州に上陸していることに気がついていますw

明日はどうするか、今から悩みたいと思います。




関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/443-0ffddbcb