2011.10.08


今週は訃報が続いてしまいました。

ルドルフに続いてサッカーボーイも。。。
ここ数年、蹄葉炎と戦っていたとは。。。

記事を書こうと思うタイミングで
訃報に触れるとね。
凱旋門賞のレビューに心が向ききれず、でした。



改めて振り返ろうと思ったのですが、秀逸な記事を見つけましたので
勝手ながらそちらをリンクしておきたいと思います。
治郎丸敬之さんの観戦記です。
まるで地平線のように

以上。


…ではお任せしすぎかなw
いや、手抜きではなく、言いたいことが
だいぶ書かれていたので、参照する美しさを選んだ次第です。


強いて言えばスノーフェアリーは
前も後ろも均等に意識した上での
積極的な仕掛けだったように映っています。

長い直線を叱咤し続ける、物理的にも精神的にもタイトで
パワフルな手綱さばき。
フランキー、恐るべしです。




日本馬2頭はまるで不向きな馬場と展開でした。
今年ならあるいは、BCターフの方が勝算をもって臨めたかもしれません。

挑戦をやめないこと。
スローガンとしては失っていけない言葉と思っています。
ノウハウを活かすためにも、途切れて欲しくない流れではあります。

ただ、ワールドサーキットへのコミットには
遠征費用は誰が負担するの?という側面がありますからね。




デインドリームはJC狙いのようですね。
3冠馬との対決が実現するなら、完璧なしつらえです。

あー、そこにレーヴディソールが参戦するとか。
夢が膨らみすぎかなw




まずは秋の府中開幕から。
馬場の見極めから、しっかりまいりますよー。


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/449-d54dde81