2011.10.17


アヴェンチュラ、磐石でした。

2番人気に「磐石」という表現は一見微妙ですが
内枠先行有利という図式は事前にみえみえでしたからね。

あー、いろいろ事前に見えていたせいでしょうか、
正直、語ることが少ないなーと思っています。

アヴェンチュラは番手から少し早めに仕掛けるロングスパート、
キョウワジャンヌは好位の内でじっとして直線で切れを活かす、
ホエールキャプチャはどれだけロスなく先行できるか、
アカンサスはいったん下げて上がり勝負に徹する一発狙い。

上位入線馬は、与えられた条件と然るべき課題を
しっかりこなしていたと見ました。

…そうか、各鞍上のペース判断、パフォーマンスが
確かだったことを物語っているともいえますね。



レースラップです。
12.2-10.8-11.6-11.8-11.9-12.2-11.9-12.1-11.7-12.0。

アヴェンチュラの鞍上を持ち上げるなら
後半の波打つラップを最小限の振幅で抑えたことでしょう。
早め先頭に立つリスクを負ってなおじんわり進出できる胆力。
テン乗りの期待にしっかり応えた格好です。



たらればー。
ホエールキャプチャとアヴェンチュラの枠が逆だったら。

確信を持って着順も逆、とは答えられないのですがw
ひょっとしたかもしれないな、と。
それが内回り2000mというロケーションだと思っています。



なお、春のG1馬2頭ですが、それぞれ制したG1が
120点の内容だったと考えれば、今回は引き算になりますからね。
前哨戦を含め評価を下げたままでした。

どちらもこの後、改めて適性を探るレースが
ひとつふたつ必要になるのでは、と見ています。



最後に。

いろいろイメージを巡らせていたのですが
アヴェンチュラ、エリザベス女王杯に向かうなら
面白い存在かもしれません。

海外からの参戦、アパパネの巻き返し、
レーヴディソールの復帰も含め、
楽しみが膨らんできました。


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/453-06f3f0b8