2011.11.04


寝ないとアレなので、さっくりと。

なんというか、G1.5の名勝負、という感想です。
いやいや、楽しみましたよw

レースラップはこう。
12.6-11.8-12.4-12.1-11.8-12.0-12.1-12.3-11.9-13.1

比較として、今年の帝王賞はこちら。
12.2-11.0-12.0-12.3-12.3-12.6-12.7-12.6-11.3-12.1

前走より2ハロン目は遅いとしても
トータルではきつい内容と思います。

トランセンドは道中深追いしませんでした。
この締まったラップもあるでしょうが
直線からの仕掛けで交わせなければそれまで、という
直球勝負で負けた恰好に見えました。

次走への布石だったのかな、という邪推が働いています。

ラスト1ハロン、13.1。
スマートファルコン陣営からすると
少しスタミナの底を見せてしまう形だったかな…?
11秒台前半のラップを踏まない中での13.1ですからね。
内側の馬場は少し深かった、とか?
トランセンド陣営にはひとつの収穫だったように思います。

スマートもラストを除くと最速と最遅のラップ差は0.8。
安定したラップを刻んだ結果、比較的負荷の少ないパフォーマンスに
軟着陸した恰好。本格的な仕上げはこれから?




どちらの陣営にもJCD、そしてドバイWCという目標を見ています。
レーティングを落とさず、パフォーマンスも落とさず、
疲労を残さず、でも勝負するためには。。。

なんというか、ナリタブライアンとマヤノトップガンの阪神大賞典が
そんな印象なんですよね。
本当の勝負は先だけど、ヘンな内容にはしたくない、という
ひと叩き感のなかでの高パフォーマンス。

アジュディミツオーとカネヒキリの帝王賞とは違う、という感じですね。



さて、これを踏まえてJCDはどうなるか。
先が楽しみになっているじゃないですか!

常時死力を尽くしたガチンコじゃないとイヤ、だと楽しめない一戦と思います。
両鞍上とも、お見事な手綱さばきでした。


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/459-8b3833d7