2011.12.05


トランセンド、史上初の2連覇。
1コーナーまでに行き切ってしまいました。。。

いや、2連覇という事実は
素直に素晴らしいと思っていますよ。

ウマもそうですが、決め打ったと思われる鞍上の先行策。
こちらもお見事だったでしょう。
1コーナーの入りでほとんど勝負が決したと思っています。


レース中は、ニホンピロアワーズとトウショウフリークの
1コーナーまでの思い切りの悪さを嘆いていました。
特にトウショウフリーク。
勘弁してくれ3冠ジョッキー躊躇してんじゃねーくらい思っていましたすみませんw

ただ、レース後のラップと映像を確認してみてからは
けっこう腑に落ちるところが出てきております。


レースラップはこう。
12.5-10.5-12.8-12.4-12.7-12.3-12.2-12.0-13.2。

比較のため、前年のラップです。
12.5-10.7-12.7-12.0-12.1-12.3-12.0-11.8-12.8。


走破タイムが1.7秒違うのは、勝ちウマの衰えではないでしょう。
力の要る馬場状態だったことを示しているようです。

実際、今年の方が中盤のラップは緩んでいるのに
上がり3ハロンは、各ハロンごとに0.2~0.4かかっています。

土日のダート戦を通して、ラスト3ハロンの最速ラップは
ポインセチア賞の11.9。
そのポインセチア賞は、直前のラップが緩んでいるので
2歳の素質馬が急加速した際のラップと理解できます。

これがこの土日の馬場が担保できる
限界のラップだったようですね。
同じ地点のJCダートは12.0、下回っていますし。


まぁ、馬場、重かったんでしょうねw
一言で済ますなってw


ポイントは2ハロン目の10.5と思っています。
ちょっとびっくりしました。

昨年より重たいはずの馬場で
昨年より0.2速いスタートダッシュを決めたことになります。

12.7を12.5に上げるのと、10.7を10.5に上げるのは
全く意味が異なります。

それも大外から押して押して、この加速ラップを牽引して
内のウマを交わし切ってハナに立つスピードとパワー。
そのMAX値の高さを存分に示していたんですね。
やはり1コーナーで勝負が決していたんだと受け取りなおしています。




トウショウフリーク。

トウショウフリークからすれば、不利を受ける以前に
限界を超えたスタートダッシュになっていたわけで。
着順からして、実力の差が明確にでた格好になりました。

トウショウの鞍上は1コーナー直前、不利を受けるまでに
ちょっと戸惑っているように映りました。
実際はどうだったでしょうね。

その所作に消極的な意味で躊躇を感じてしまったので
さくっと悪態をついていたのですが
このオーバーペースを感じ取っていたがゆえの躊躇なら
納得と思っています。

まぁ役者が違っていた、ということになるのでしょうね。



エスポワールシチー。

敗因探しは少なめで十分と思っています。
1コーナーまでにイニシアチブを取れなかったこと。

それも前半の3ハロンのラップを見れば
鞍上のコメント通り、完敗でよいと思っています。

あの馬場にあのラップで迷わず
アクセルを踏めたウマが勝ったわけですから。

内枠という好条件は外枠からの圧倒的なパワーに
抗しきれなかった、というところでしょうか。

あーあ、外枠スポイルだと思ったんだけどなーw
残念です。勉強になりました。



ワンダーアキュート。

なんというちぐはぐな内容だったでしょう。
スタートで大きく躓いて、直線で大きく切り返さざるを得ず。
それでも伸びてきましたからね。

まともなら勝っていた、というのは少し違うと思います。
ラスト1ハロン1.2秒減速したラップを差し込んでいるわけですので。
見た目は差し脚の勢いがある分キャッチですけどね。

ただ、このウマの成績はいい感じ。改めてまじまじと見てしまいました。
しっかり力をつけてひとつひとつハードルをクリアしている印象。
来年さらに楽しみ、でよいかと思います。





最後に。

引退レースのラヴェリータ。
スタートで鼻先が地面につくくらい態勢を崩してからの
インでの立ち回り。

鞍上はそつなくエスコート。
先週のトレイルブレイザー同様、直線入り口で
一瞬あるのか、と思いましたよ。

諸々の衰えは隠せなくなってきていると理解していますが
それ込みで勝負を続けている(はずの)第一人者の姿勢。

自分もそれをしっかり見極めて予想することが
真摯な姿勢だと肝に銘じているところです。



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/470-affb708c