2011.12.18


アルフレードを外すところからはいってしまいました。。。

中山コースの経験があるとはいえ、新馬戦のそれ。
新潟の上がりの速さではどうにも軸には推しづらく。。。

ただ、パドックの映像を見たときに、シンボリクリスエスによく見られる
馬体の間延び感が少なかったんですよね。
それなりにコンパクトで比較的早くに筋肉も膨らんでいました。
「おぉ」と思ったその感覚を大事に、できなかったなーw

同配合ですがサクセスブロッケンのイメージとは
成長曲線も含めちょっと違う印象がありました。
当初はそのイメージだったんですよね。
経験が邪魔をしました、とかっこよく負け惜しんでおきますw


レースラップです。
12.2-11.0-11.3-11.4-11.9-12.0-11.7-11.9。

前傾ラップから4コーナーに向けて若干緩んで
坂に向けて再加速するという流れですね。
最内からロスなく押し切る、見事な立ち回りでした。

いや、スタートから先頭を伺うくらいのダッシュを
いったん引いていますから
それなりのロスはあったと考えたほうがよいかも知れません。

ラスト1ハロンを11.9でまとめたあたりはエクイターフ効果かな?
来週に向けて見逃せないバイアスのように思っています。



気づいたことは、なんとなく1400mっぽいラップ構成だな、ということ。
昨日と昨年のグランプリボスが頭の中でオーバーラップしました。

ん?アルフレードも来年の阪神Cが楽しみということでしょうかw

鞍上、トレーナーともにクラシックに向けて
距離の心配はしていないようでしたね。

一度でも負け方を見れば、もろもろの適性外条件が見えると思うのですが
無敗のG1馬が誕生しているのに負けを望むのはね。
野暮というか、分析好きにもほどがある、というところでしょうか。

レース前はどうなることかと思っていましたが
別ローテを選択した有力馬との対戦、楽しみになりました。



何頭か気になったところを書いておきます。


サドンストーム。

相対的に中心としました。
4コーナーでアルフレードの位置にいる可能性に賭けたのですが
スタートは決まっていなかったようですね。

いったん下げてリズムを整えたのでしょうか。
その時点でほぼ勝ちはなくなっていたと見ています。

やっぱりアルフレードの評価を間違えてからは
ボタンを掛け違え切った感がありますね。。。



トウケイヘイロー。

レース後の鞍上のコメントから
4コーナーを待たずに先頭を伺ったのは
やはり抑えが効かなかった結果でした。

それをなんとかできないものか、というのは
無謀な要求でしょうか。
勝つ可能性のあったウマだと思っています。



マイネルロブスト。

崩れないですねー。
札幌2歳の時と同じように複勝狙いも考えたんですけどね。

あまり有り難くないでしょうが、物差し馬、という評価が妥当かと思っています。
でも、そんな印象だったエイシンアポロンはいまやG1馬ですからね。
…フォローみたいになってしまったかな。



最後に。

枠順の有利不利が強すぎてしまうのは
贅沢な不満でしょうかね。

いろいろな条件で対戦を繰り返すなかで
チャンピオンが決まっていくことが
その価値を高めると思ってはいます。

が、大外枠を承知でダローネガ、と思った買い目の
報われなさといいますか、やっぱりダメかという、
ちょっと引いてしまう感覚がね。。。

じゃあどんな条件ならよいのか。
このあたりにないものねだり感がでてしまうので
なんともいえませんね。

…新装開店する中京?



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/475-18a3aba2