2011.12.30


大井におりました。

年納めに東京大賞典、デフォルトでございますねw

動員数、前年比でプラスだったようで場内はなかなか移動が困難でしたね。
特に新スタンドの周辺は人の密度が違いました。
エスポワールシチーかトランセンドがいれば
もっと凄かったでしょうね。

それを避けるように、悪友と残り1ハロンのハロン棒前まで移動。
この地点では勝負が決まっているであろうという読みもあり
すこし密度が薄まったあたりで観戦いたしました。

いやー読みが外れましたね。
勝負はゴール入線までわかりませんでした。



ワンダーアキュート。

前走JCダートはスタートの出遅れがありましたが
今回は好スタートからスマートファルコンをけん制する先行策。

付かず離れずのポジショニングで
ラップを落とさせないプレッシャーは
「肉を切らせる」前傾ラップを生み出しました。

レースラップです。
12.3-11.2-12.0-12.1-11.9-12.0-12.1-12.7-12.3-13.2。

比較のため、JBCクラシックのラップも。
12.6-11.8-12.4-12.1-11.8-12.0-12.1-12.3-11.9-13.1。

スタートから2ハロン目。
ワンダーアキュートが内々で1頭抜け出した姿には
断然人気の逃げ馬を迎え撃つ攻撃性を感じました。

逃げ馬スマートファルコンは負荷を抑えつつこれを交わしにいく格好。
ただ結果的には、馬場差があると思われるにしろ
JBCより0.6秒速いダッシュを強いられました。

前半3ハロンで見てもJBCより1.3秒速い展開。
これを直後で追走し続けた鞍上のファインプレーだと思います。
レースのレベルを引き上げてくれましたね。

ゴール前はわずかにスマートファルコンが残していると
受け取っていましたが、追い詰めましたねー。
多少力の要る馬場もの味方したでしょうか。

今後に見通しの立つ、悔しい2着だったと思っています。
そして鞍上。信頼に足る見事な騎乗でした。




スマートファルコン。

ワンダーアキュートのけん制にしっかり応えた格好でした。
3~5ハロン目のラップは、12.0-12.1-11.9。

ここでラップを緩めないあたりに
鞍上の意地の張り方が出ているのかな。

冷静なジャッジを積み重ねていたのだと思っていますが。
向こう正面入口付近では軽く拳を動かしていましたし。

若干緩めたのは3~4コーナーの12.7。
あとは前走と似たデザインで
前走より厳しいラップとなりました。

パドックではわずかにのっしのっし感が足りないかな、と感じる程度。
懸念には至りませんでしたが、今から考えると関係者のコメント通り
少し覇気に欠けていたのかな。

ただ接戦になったのはあくまで2、3番手からのプレッシャーでしょうね。
薄氷を踏む思いでの3.5cm、ハナ差の勝利でした。



トレーナーからは、今後は様子を見てからというコメント。

ドバイは微妙?オールウェザーが未知数ですが
それ以前に疲労回復に努めることになるのかな。

今年最も厳しい、ベストパフォーマンスだったと見ていますので
是非とも慎重に。
そしてかの地で軽快に逃げる姿を見てみたいと思います。




そうすると今年の最優秀ダート馬は誰になるのでしょうね。

中央G1でいえば間違いなくトランセンド。
国際G1を含む統一G1でいえばスマートファルコン。
そして、ドバイWCはどう評価されるのか?

そして最優秀古馬牡馬は?
スマートファルコンも可能性があるのでは?

今年は投票権をもつホースマン各位の国際感覚が問われる
年度表彰になりそうです。




最後に。

大井競馬の入口付近に謎のモニュメントが。
大井競馬入口の柱?


これは何を狙ったがゆえのデコラティブ感なのか。
ちょっと伝わりませんでしたが
きれいだったのでパシャリいたしました。



個人的に、今年の競馬参戦は以上で終了。

といっても来週には金杯ですけどねw




関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/480-3d5ace58