2012.01.05


お正月休みに「ガンダムUC」を観ていました。
ん?一応ウマの話にはつながると思いますよw


詳細は割愛しますが、Zから逆襲のシャアまで
ほぼリアルタイムで濃密にはまっていた小学生(!)でしたので
その直後の世界という舞台設定は、まぁ、ヤバイですよねw

細かい設定などを思い出しながら(結構忘れていましたw)
ガンダムで育ったなーという感慨をもちつつ、一気に3枚分見終えました。


率直な感想。見やすかった。
設定のそこかしこに旧作へのオマージュとおぼしき
ディテールが見て取れましたので。

主人公バナージの顔立ちにはカミーユとジュドー両方の面影が覗きますし。
ヒロインのオードリー、やわらかい紫の服装はフォウ・ムラサメを思わせますし。
シナンジュなんか、まんまサザビーのポジションですもんねー。
わからない人にはさっぱりですよね、すみませんw



映画でオマージュというと、名作へのリスペクトを込めて
その一場面を想起させるシーンやディテールを取り入れる、という説明でよいでしょうか。

いまいま調べましたが、オマージュという言葉自体が
「尊敬」「敬意」といった意味を持っているんですね、ふむふむ。



観ていて思ったのは、こうしたオマージュは
やりすぎるとよろしくないのでは、ということ。

確かに既存のファン向けには心憎いサービスなのですが
ひとつ踏み外すと、内輪の盛り上がりと変わらなくなる恐れがありそうだな、と。


「桜の季節に胡蝶蘭!」なんて馬場アナは絶対やらなかったでしょうが
たとえばケイバの実況を志望してきたアナウンサーが
かつての名実況のオマージュ的なセリフを用意することはありえますよね。

実況に限らず、機を見て敏に反応したオマージュなら
広く受け手を納得させることも可能かもしれません。



ガンダムから始まってどこにいくのやら、と自分も思いましたがw
ビギナーの方に向いた際の姿勢は大丈夫か、という
ポイントに着地することになりました。

経験が多い分、語りだすと止まらなくなるわけですねw
知ってる分、知らない人には伝えたいと思ってしまいますし。

ただ、リアルタイムで見ていないとわからない、などという語り口は
少し慎重にしないといけないかなーと改めて思った次第です。

わかる人にしかわからない、という類のオマージュは
その際たるものでしょう。

経験者がオマージュまみれで無邪気に語ることで
いちげんさんお断わり、という空気が出てしまうのでは、などと
考えが進んでしまいました。




2分36秒の有馬記念は、10代のファンには新鮮かもしれません。

自分は99年の有馬記念オマージュ的な回顧をしましたが
オマージュでなくとも興奮はあったと思いますし
99年を知っている人間には味わえない興奮があったはずですからね。

新鮮な体験に水を差さない、という距離も大事。

ビギナーの方が迷わないようわかりやすく伝えることも重要ですが
オマージュを解する作法は、じっくりファンを続けていれば
ちゃんと醸成されるはず、と心得ておきたいと思います。



ちなみにー、ガンダムUCが内輪盛り上がりとは思っていませんよ。
ちゃんと若年層がUCからスタートできるような仕掛けも備えていると思います。

あくまでふわふわと考えるきっかけになった、ということですね。




さてさて、明日から2012年、競馬開幕です。

東も西もさっぱりピンと来ない状況なのですが、
一年の計は金杯にあり、ですからねw
時間ないなりに悩みたいと思います。

そうそう、こうしたクラシカルなジョーク(おやじぎゃくともいいますな)も
上の世代が伝えていかなければいけません。

…これは必要ないかなw



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/485-cb627c79