2012.01.08

年齢が進むにつれ、時間の経つのが早くなるといいますが
そうした感覚を覚えることがあまりないんですよね。

おそらく毎週末のライフワークのせいでしょうw
一週間で1サイクルという時間感覚ができあがって
しまっているんでしょうね。


毎年のことながら
元旦の開催はこのリズムが崩れますなーw

開催の翌日に週刊誌がでていない、とか
週末に専門誌が見当たらない、とか
頭では分かっていても違和感たっぷりな週末でした。





金杯は東西とも外れ。

中山金杯はアドマイヤコスモスに2、3、4着を絡めた馬連BOX。。。
フェデラリストは前走うまくいきすぎた感があったんですよね。
評価を下げ過ぎてしまいました。

4コーナーを待たずに下げる姿は残念ではありましたが
判断が遅かった場合、最悪の事態も想像できますので。
見事な判断と理解しています。

中山実績がない中での1番人気は過剰と思えましたが
それでもなお可能性に賭けた格好でした。
素質馬、その可能性の開花は確率としては低いでしょう。
そういう楽しみ方もある、と思っています。


京都金杯はほぼ考えておらず。

前でペースを受けるラクリマかシルポートの複勝と見当をつけて、
シルポートを選択する体たらく。。。
一年の計は金杯にあるのですよね。。。

勝ったマイネルラクリマ。考えていた以上に強かったです。
レース後の鞍上のコメントもしっくり。
安田記念が楽しみな一頭と思っています。

それだけに鞍上、最終での落馬骨折は残念。
休養期間は明確に報道されていないようですが
再び長期の離脱になってしまいそうです。もったいない。


なお、馬券的な初笑いは中山最終のディープサウンド。
粘り込みに期待したマイヨールと組み合わせて正解でした。
おかげさまでスマホへの機種変を検討し始めておりますw




JRA賞も発表されましたね。
少し触れておこうと思います。



年度代表馬はオルフェーヴル。

震災直後のことを思えば、ドバイを制した
ヴィクトワールピサでもよかったかもしれませんが
そりゃあ、納得するところです。

見解が分かれたのは最優秀古馬牡馬ですね。
個人的にはヴィクトワールで納得していますが
トーセンを推す声も理解できます。

年間を通した活躍、というファクターを加えると
トーセンを上位に取る選択もありかな、と。

相変わらず首を傾げるのは、該当馬なしという投票。
投票者の絶対的な評価軸から導き出されている回答なのでしょうか。
以前より、その年最も優秀だったウマを相対的に選出する投票と思っていますので
個人的には理解に苦しむ無効票です。



オルフェーヴルの次走。

どうやら阪神大賞典に落ち着いたようです。
ドバイミーティングへの登録があったようですが
ドバイ後の体調維持はなかなかうまくいくケースがないですからね。
凱旋門賞を目指すのであれば妥当なジャッジかなと思っています。

春の天皇賞を使うメリットは、自在な折り合いの体得でしょう。
有馬記念の前半を改めて観返しましたが
陣営は思ったより切実な問題として受け止めているかもしれません。

テンション維持のための最善策は陣営のジャッジに委ねるべきでしょう。
でも、外野という前提で、好き勝手ローテーションを妄想するのは
贅沢な時間だなーと思う次第です。
そういう存在がいないと成り立たないですからね。

で、好き勝手な意見。
経費度外視で、ローテーションだけでいえば
60日を超過して現地滞在してしまったほうがプラスかもしれません。
たとえば、キングジョージを視野に入れつつの長期滞在とか。
すさまじい妄想だと思われますが、勝手にアガっておりますw

なんというか、中長距離体系でのパフォーマンスでいうと
日本でやる競馬はもうないかな、と思っていたりします。




馬事文化賞。

島田明宏さんの「消えた天才騎手」が受賞しました。
いやー、勝手ながら我がことのようにうれしく思っています。

きっかけは「武豊の瞬間」だと記憶していますが
その著作は好んで手にしてきました。

受賞作は発売直後に読んでいました。
これまでの著作より、取材対象がにじませるトーンを
一層尊重するような文体という読後感があります。
優れた「インタビュアー」という自分の心象形成も
このあたりに一因すると思っています。

一応、以前書いた記事です。
インタビュアー

一報は以前からフォローしていたTwitterで知りました。
発表された日の遅くにTwitterを覗いたところ
TLが祝コメの嵐にw

さすがに返信に疲れているのでは、という思いと
フォローしていて祝意の表明なしというのは、という思いが交錯。
最後は配慮しながら遠慮せず、という結論から
さらりと祝意を伝えるツイートをいたしました。
いや、ほんと、返信には恐縮いたしました。

先達の言葉は、次の世代を紡ぐ大切な誘因になると信じるところです。
競馬の魅力を紡ぐ言葉、引き続き期待しております。





さて、日月の変則開催ですが
ふわふわと「見」しようかなと思っています。

腰が引けてるんじゃなくってw
新聞眺めたんですがピンとくるレースが少ないんですよね。

中継見てたらついつい買いたくなるかもしれませんけどw



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/486-56d73e93