2008.06.19
この2頭の共通点とは?
…軽い妄想の域にはいるお話です。

きっかけは柏木さんのコラムでした。
http://www.netkeiba.com/news/?pid=column_view&no=9863

ウオッカに対して「挑戦者の立場に立ってこそ」という表現になっていますが
これに少し違和感を覚えたところがスタートです。


確かに、断然の1番人気を背負ったウマがレース中に受けるプレッシャーは
時として壮絶です。
(サンプルとしてぴったりなのは、テイエムオペラオーでしょうか)

その視点で、ダービーや安田記念の勝ち方を見ると、
レース中に他のウマから受けるプレッシャーが比較的少ない印象を受けます。
直線も早めに抜け出し、やはり他のウマのプレッシャーはありませんでした。

ひょっとしてこれは「挑戦者の立場に立ってこそ」ではなく
「ゴールまでストレスなく進められたとき」がウオッカの勝ちパターンなのかな、と
ひらめいてしまったわけなのです。

競り合ったときの最後のひと踏ん張りが利かないのも、
そのストレスと向かいあう根性を発揮しないタイプだからなのか、と。


個人的に、それで思い浮かぶのがディープインパクトなのです。

こちらは1番人気での勝利だらけですw
が、そのレースぶりは後方から馬群の外をまくり、直線突き放して独走するという
他のウマからのストレスを受けにくい内容。

実際、競り合いになった3歳時の有馬記念や凱旋門賞では
同一の条件でないとはいえ、競り負けという印象があります。


120%のパフォーマンスを引き出すには、ストレスの少ないけいば。
それさえ引き出せば、能力の絶対値で圧勝できるウマ。
その意味で最強馬2頭は共通しているかもしれません。




…さらにいうと、ウオッカは3歳の宝塚記念で
かなりストレスを受けたのではないでしょうか。

現地でパドックを見ていましたが、ダービーとは別のウマのように
小さく、入れ込んでいました。

あれがなければ、というタラレバも
ちょこっとだけ書いておきます。



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/49-a1e6b3f4