2012.01.25


当日は私用のため、リアルタイムでは観られませんでした。

ていうか、ケイバも私用ではないか、という
ツッコミは成り立ちますねw

いやー、やっぱりケイバは別物ですよ(謎
別格でもいいです(謎々



世迷言は置いておいて、AJCCだけさくっと振り返っておきます。

まぁ、ルーラーシップは杞憂に終わりました。以上。
なんですけどね。

あろうことか、トーセンレーヴを軸に取ってしまいまして。
レース後は大反省でございました。

当日の馬場を確認できなかった、という
したくない言い訳もありますが、
レース映像で振り返った結果、自分の一番の敗因は
「ちょ、おま、クリストフ…」だと思っていますw
なにそれw

テン乗りでしたから、力み気味に追走するトーセンが
そこまでイメージできていなかったかな。
まさか先行策を取りにいくとは思っていませんでした。


レースラップです。
12.6-11.3-13.4-13.2-13.3-12.5-12.4-12.3-12.1-12.0-12.2。

2ハロン目でツクバホクトオーに並ばれて
グワッと先頭に立ち(おそらく不本意だったでしょう)
気持ちが落ち着き始めた向こう正面で
今度はリッツィースターに突かれて
ラップを上げてしまいました。

一人相撲の格好になってしまいましたね。
あれだけ不要な緩急を作ってしまえば
最後に脚があがって全く不思議はありません。

自分はナカヤマナイトがやったケイバを
イメージしていたんですよね。
中団外目でがっちり折り合いをつけるルメール。
だいぶ外れたイメージになっていました。


個人的にはリトルアマポーラが鮮烈な記憶なのですが
ハーツクライの有馬記念しかり
ウオッカのJCしかり。

かかる気性をがっちり抑え込みつつ先行策を取るような
当時の神がかり感たっぷりのルメールからは、
少しイメージの補正をしなければいけないようです。

あんなにふんわり逃げるとは思わなかったなー。

…いかん、グチはいかんぞw



ルーラーシップ。

先行勢のがやがやをよそに
4コーナー大きく膨れても完勝でした。

相当外を回ってましたね。

昼の新馬戦の映像で確認しましたが
4コーナーの内から3、4頭目は相当ぐちゃぐちゃに見えました。

先行勢がそこを避けるように膨らんだコーナリングをすること、
その結果自分がそのさらに外を回ること、
おそらく鞍上は織り込み済だったでしょう。

脚質というよりストライドの大きさを活かすには
必要十分の策だったと思っています。

そつのない騎乗はやれといわれても
コンスタントにできるものではないと認識しています。
前回、ごにょごにょ書きましたが(嘘も翻意もないですが)
こうした破たんのない戦略を選択できるのは
経験の証、大きな強みと思います。

でなきゃリーディングが獲れるだけの
質量をもった騎乗依頼はされないでしょうからね。



正直、馬体の出来はこれから、という印象でした。
僭越ながら、今年はドバイを目標に置かないよ、というメッセージを
馬体の仕上げに見て取りました。

翻せば、余力たっぷり。
先への期待が膨らむ内容だったと思っています。

春は国内、目標は宝塚記念だそうですね。
疲れを残さず、このまま行ってくれれば。

あー新中京での金鯱賞なんか、
楽しみ膨らむんではないでしょうか。

鞍上は維持でお願いしたいと思います。








さて、短くですが
一昨日の訃報に触れておきたいと思います。

自殺の背景を探る言葉は、報道ベースでも、掲示板やSNSでも散見されました。
ショックを落ち着けるために
納得可能な文脈を探す気持ちもわからなくはないのですが
まずはお悔やみの言葉を、と思っています。

厩舎経営の厳しい実態と関連付ける文脈を
多く確認いたしましたが、師の件によらず、
現状の厩舎制度が経年劣化しているのは明らかと認識しています。

組織改善に向けた大事な契機になるのかもしれませんが
親族のお金回りの話も報道されていましたし、
それとこれとは別問題と理解するのが妥当と思っています。

個人的には、ひとひとり追い込こまれたという事実を持ってしなければ
動かないという組織では悲しすぎる、と感じます。

が、ひとつの現実なのかもしれません。



…ピントがずれた発言に聞こえるかもしれませんが
周辺が落ち着いてきたころに改めて
ミホノブルボンのレースを観るのがよいかと思っています。

ミホノブルボンもタヤスツヨシも間に合わなかった自分には
惜しむだけの十分な文脈を持っていないのが正直なところです。

逡巡しましたが、ファンという距離感からは
妥当な供養ではないかと心得るに至りました。

しっかりと拝見するつもりでおります。
ご冥福をお祈りいたします。




関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/493-96a30d89