2012.02.12


今年初の府中参戦。

やっぱり現場の空気はよいですねー。
銀蹄SとクイーンCに絞って取り組みました。

久しぶりにじっくりとパドック観察できましたね。
銀蹄Sのガンマーバーストにはガン見をされたので
ガン見しかえしてみたりw

ヤマノサファイヤが上あごを吊るようなバンドをしていましたが
あれの名前と目的はなにかなー、とか。
自分が無知なだけなのでしょうね。後で調べてみます。

その銀蹄Sはトウショウ抜けというオチ。
ヤマノサファイヤから入った分、いまの内田のコンディションに
少し考えを巡らせてみたり。まぁ、日々是反省ですよねw



さて、メインのクイーンC。

パドックで見たかったのは4頭。上位人気ばかりですが
イチオクノホシ、ヴィルシーナ、エクセラントカーヴ、オメガハートランド。

イチオクノホシはあまりいい印象ではありませんでした。
芦毛は見栄えが、というアレでしょうか。
本命にするつもりでしたがパドックだけでは完全に外していたでしょうね。
返し馬の伸びやかさとバランスを見て、思い直しました。

ヴィルシーナのトモの厚みは
出走馬の中では目立っていました。
スローペースの瞬発力勝負を予想していましたので
この体積は頼もしい印象でした。

対照的だったのはオメガハートランド。
418kgの馬体は小柄というより華奢。
瞬間的にスピードを上げるにはトモの筋力も細い印象でした。
先々はわかりませんが、今回は思った以上に割り引く結論になりました。

しかし気になったのはエクセラントカーヴ。
相当イレ込んでいました。

1頭だけ股下にシェーヴ上の汗が見えましたし
後ろ脚が左右同時に出ていましたし
首をぐねぐね湾曲させながら白目をむいていました。
かなり異常なテンションだったはずです。


で、レースはやはりスローペース。
12.6-11.6-12.4-13.1-13.0-11.5-11.0-11.4。

1、2着は位置取りとトモの体積の差かなと思いますが
ものすごいのはエクセラントカーヴ。よく3着に来ましたね。
ここで頑張りすぎてしまっていないか、後々の影響が心配です。

オメガハートランド、モエレフルールあたりは
折り合いを教えている最中でしょうか。
あのペースを抑えて追走する選択でした。
外から見る限り、案の定という敗戦でした。

端的に前に行けば、という話ではないと思っています。が、
ちょっと気になるのはオメガの鞍上のコメント。
ためたのにはじけなかった、というのは。。。

レースでのペース把握が不明だったか、未熟なトモに過剰な期待をかけたか。
いずれにせよ継続騎乗でのジャッジとしては少々脇の甘い印象です。
なにか他に原因があったのか。。。
少し注意してみておこうと思っています。


今後の期待感で言うなら、イチオクノホシですね。
今回はさすがにスロー過ぎた印象ですので。
あーでもジョワが立ちはだかるのかー。




なお、もともとは会社の方を
エスコートする予定だったのですが
急遽キャンセルのため自由行動になりましてw

エスコートを優先するつもりでいたので
ほぼ下準備をしていなかったこともあり
買うレースを絞ったという経緯でした。

パドック脇のお店でコーヒーとG1焼きをゲットして
そのまますぐそばのテーブルへ。
2月の屋外ですのでさすがに寒さを覚えましたが
その場でしばらく新聞を広げていました。

そうそう、G1焼きにチョコレートクリームが追加されていまして♪
思わず手を出したのですが
食べた後で「バレンタイン限定」の文字を発見w

自分でチョコを買っている時点で周囲には
いろいろ終了しているように見えたでしょうねw

ふつうにおいしいので、是非ふつうに買っていただければw


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/498-7398a63e