2012.03.04


ジョワドヴィーヴルの敗戦、というインパクトが強いですねぇ。

レース映像を何度か観返しながら
読み取れることを整理していました。

レースラップです。
12.7-10.9-12.1-12.3-12.2-12.2-11.3-11.8。

ポイントは12.2-11.3の加速地点かなー。

映像を観る限り1000m通過後の4コーナー、直線を向く手前で
ジョワドヴィーヴルの手綱に遊びが見られました。

直線に向いてからは進路を確保するまでに2、3回切り返す時間。
そして内に進路を取ってからのスパート。

この間に外からハナズコールが
直線を目いっぱい使って差し切りました。

若干外差しの馬場、そして進路が開けてから
瞬間的なスピードアップができなかったこと。
敗因はこのあたりに凝縮されているように見えました。


この戦略を取った鞍上。

どうやら馬群を割ってくる経験を求めていたようです。
ジョッキーの独断とは思えないのですが、どうでしょうね。

同時期の姉のような、外々を回して
ロングスパートでねじ伏せる乗り方ではない、
理想的な戦略の模索であったのでしょう。

ただ、レース後のコメントからは
返し馬から前走と異なる手ごたえを感じていたようで。
それを踏まえた戦略をとるつもりがあったのかが
引っかかりました。



あくまで、敗因探しと鞍上の揶揄は別物と考えます。
あくまで、それを前提に。

ここのところの福永祐一。
特に切れを身上とする有力馬の乗り方に
目の前の勝利よりも、次走以降を見据える達観が
レースの組み立てにあたり強く勝ちすぎているような印象があります。

レースを通して学ぶことを否定するものではありません。
ただ、目の前のレースに対する執着との葛藤が見えにくい騎乗は
端的に観る側の興奮がひとつ下がります。

それも折り込んで馬券を買えばいいんじゃないか、という意見もあるでしょう。
確かにひとつの見解と思います。

これは自分の個人的な見解に留まるのかなぁ。
目の前の勝利と、今後に向けた経験と。
どちらをとるか、ではなく、どちらもでしょう。
この「Which」に対する回答は「both」であってほしいのです。

トライアルなりの結果を求める姿勢。
直前にウマの調子を感受しているのなら、
それに見合ったレースの組み立てがほしいというのは
贅沢な望みでしょうか。

ユーイチだからこそのエキサイト感。
「期待感」と言い換えられると思います。
まだこれが足りないのでしょう。
ヘンにdisるより厳しい指摘かもしれませんが、ほしいですね。



調子を上げていく途上にあって
苦手な急加速を求められたディープ産駒。
ジョワドヴィーヴルの巻き返しは十分期待できると思っています。

ただし、勝ったハナズゴール。
フロックではないでしょう。

1強ではなくなるかな。
少し楽しみが増えた格好です。




最後に。

昨年の阪神JFは加速のタイミングが1ハロン早いんですよね。
12.6-11.1-12.1-12.2-12.2-11.7-11.0-12.0。

このあたりが本番に向けた読みに大きく影響を及ぼしそうです。




関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/507-17ac7df0